hsrt

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 21:59:35.60 ID:0xCy0FZ50

 キョン「……待て。意味が解らんぞ。
     お前が連れてるその子供が、俺とお前の子供?」
 
 長門「そう。この子は間違いなく貴方と私の情報で構成されている」
 
 キョン「……あのな、長門よ。そもそも俺はお前と子孫を
     残す為の営みを行った覚えがないんだが。
     冗談にしては突飛すぎるぞ」
 
 長門「冗談ではない。事実。この事態は涼宮ハルヒが願った結果現れた。
    ……現在この時空には、この子を含め貴方と貴方と近しい位置に居る
    人間の遺伝子を持つ存在???? 子供が数人出現している」

 

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 11:48:21.31 ID:Hv4NlwHyO

 古泉も親バカそう

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 17:06:43.63 ID:QB+SAbmE0

 >>24
 おやおや?
 まだこんなに小さいとは・・・ペロペロ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 15:22:03.19 ID:bdZF/FCwO

 ふぅ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 18:35:46.13 ID:bdZF/FCwO

 あ、ダメだ。幼女長門想像したらおっきした

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 18:58:31.47 ID:NrHqDYBPO

 俺は髪の色だけ長門で
 他全部キョンのダルそうな子供を想像した


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/15(月) 18:59:10.42 ID:QB+SAbmE0

 >>30
 顔は長門似で性格はキョンの超絶美少年を想像した


57 :即興:2010/11/16(火) 00:27:41.24 ID:eWgG6ViJO

 キョン「よう」
 
 ハルヒ「おはよう…」
 
 キョン「…どうした?」
 
 ハルヒ「…………ねぇ」
 
 キョン「んー?」
 
 ハルヒ「できちゃった婚ってどう思う?」
 
 キョン「!?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 00:35:42.08 ID:eWgG6ViJO

 キョン「おまっ……まさか!」
 
 ハルヒ「バカ!違うわよ。
     今朝ニュースで芸能人のできちゃった婚の話題があったの。」
 
 キョン「なんだ」ホッ
 
 ハルヒ「なんだってなによ。
     それでね、何だかおめでたい雰囲気になってたから
     気になっただけよ。」
 
 キョン「めでたいんじゃないのか?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 00:43:11.43 ID:eWgG6ViJO

 ハルヒ「それはそうかもしれないけど…」
 
 キョン「?」
 
 ハルヒ「キョンはそう思うのね」
 
 キョン「そりゃそうだろ。結婚も子供も人生において大変なイベントだぞ。
     まずは両親に報告してだな………」
 
 ハルヒ「…」プイッ
 
 キョン「おい、聞いてるのか?」
 
 
 岡部「ホームルーム始めるぞー」
 
 キョン(?……やれやれ。何だってんだ)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 00:53:52.89 ID:eWgG6ViJO

 コンコン
 
 ………
 
 ガチャ
 キョン「長門だけか」
 
 長門「…」コクッ
 
 ミニナガト「…」コクン
 
 キョン「おい、その小さな子は誰なんだ?
     どうしてこんなところにいる?」
 
 長門「…………………………」
 
 長門「簡潔に言うならば、貴方と私の子供」
 
 キョン「!?」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:04:23.97 ID:eWgG6ViJO

 キョン「……待て。意味が解らんぞ。
     その子が、俺とお前の子供?」
 
 長門「そう。この子は間違いなく貴方と私の情報で構成されている」
 
 キョン「……あのな、長門よ。そもそも俺はお前と子孫を
     残す為の営みを行った覚えがないんだが。
     冗談にしては突飛すぎるぞ」
 
 長門「冗談ではない。事実。
    この事態は涼宮ハルヒが願った結果現れた。
    ……現在この時空には、この子を含め貴方と貴方と近しい位置に居る
    人間の遺伝子を持つ存在???? 子供が数人出現している」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:11:33.11 ID:eWgG6ViJO

 キョン「」
 
 キョン(いや、待て待て待て、落ち着け俺
     長門は今何と言った?
     ハルヒが願ったからだと?そんな馬鹿な………)
 
 ……………………………………………
 
 (ハルヒ「できちゃった婚ってどう思う?」)
 
 ……………………………………………
 
 キョン「あれか!」ガーン
 
 長門「…ユニーク」
 
 ミニナガト「…ゆにーく」


66 :>>65…すまん:2010/11/16(火) 01:22:32.58 ID:eWgG6ViJO

 キョン「よし、状況は把握出来てきた」
 
 長門「…そう」
 
 ミニナガト「…そぉ」
 
 キョン「ち、ちなみに名前は?…」
 
 長門「この子は先程誕生したばかりの生命体
    よって名前は決まっていない」
 
 キョン「そうか…」
 
 ミニナガト「……?」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:37:11.95 ID:eWgG6ViJO

 長門「名前をつけてあげて欲しい」
 
 キョン「俺が!?」
 
 長門「そう
     この国においてはそれが一般的であると思われる。 …違う?」
 
 キョン「いや、間違ってはいないと思うが…」
 
 ミニナガト「…」じぃー
 
 キョン「うっ…」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:49:23.18 ID:eWgG6ViJO

 キョン(長門だから…ながちゃん?…いや、ながもん?
     いや違う違う違う。    有希…有希…)
 
 キョン「『ゆきりん』
     ゆきりんってのはどうだ?」
 
 ゆきりん「ゆきりん…ゆきりん♪」ニコッ
 
 長門「いい名前」
 
 キョン(かわいいな…)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:51:17.77 ID:EvJzpNCTO

 名前でゆきりんはひどくないか…?

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 01:56:46.56 ID:ZhSWKAoo0

 メイリンみたいなものさ

71 :>>69 察して下さい…:2010/11/16(火) 02:06:40.25 ID:eWgG6ViJO

 キョン(ん…何か忘れてないか?)
 
 ……………………………………………
 
 (現在この時空には、この子を含め貴方と貴方と近しい位置に居る
  人間の遺伝子を持つ存在???? 子供が数人出現している)
 
 『数人出現している』
 
 ……………………………………………
 
 キョン「まだ全然解決してねーじゃねえか!」ガビーン
 
 ゆきりん「ねーかぁ」キャッキャッ
 
 長門「・・・」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 02:21:36.51 ID:eWgG6ViJO

 みくる「遅れましたぁ?」
 
 キョン「ああ、朝比奈さん」
 
 みくる「キョンくんこんにちは
     …その子は誰ですか?」
 
 キョン「ええっと…それは…」
 
 長門「彼と私」
 
 みくる「へぇ!?」
 
 長門「その子は彼と私の子供」
 
 キョン「長門!」
 
 みくる「ということは…
     ふぇぇ?キョ、キョキョキョンくんは長門さんと………」カァァァ
 
 キョン「朝比奈さん!間違ってはないけど………けど誤解なんです!」
 
 ゆきりん「パパ?」
 
 キョン「」


76 :寝ぼけながら書いてたからおかしな点もあるかも:2010/11/16(火) 05:31:17.90 ID:eWgG6ViJO

 みくる「キョンくん……長門さん……」アワアワ
 
 キョン「朝比奈落ち着いてください」
 
 長門「そう。あなたは落ち着くべき」
 
 キョン「長門」
 みくる「長門さん」
 
 長門「彼とあなたの子供はそこにいる」
 
 朝比奈(小)「ふゆゅゅ」ピクッ
 
 キョン「なっ…」
 
 みくる「えっ?………ど、どういうことですか??」
 
 朝比奈(小)「ママ?」ギュッ
 
 みくる「えっ?……えっ?……えっ?
     わ、わたしキョンくんとはなにも…
     そんな……だって……」ふらっ
 
 キョン「朝比奈さん!」ガシッ
 
 長門「…気絶」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 05:48:22.54 ID:eWgG6ViJO

 キョン「とりあえず朝比奈さんは保健室へ休ませておいたが…
     長門、毎度毎度ですまないんだが、どうすりゃいいんだ?」
 
 長門「涼宮ハルヒの願望である以上、
    情報操作を行い解決出来る可能性はほぼゼロ」
 
 キョン「そうか…」
 
 長門「この事象の原因となっているものは
    貴方が推測するものでおそらく間違いないと思われる。
    解決には涼宮ハルヒを納得させることが必要」
 
 キョン「なるほどな…サンキュ長門」
 
 長門「いい」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:02:26.20 ID:eWgG6ViJO

 ゆきりん「…」じー
 朝比奈(小)「ふぇぇ…」グス
 
 キョン「子供同士仲良くしてくれよ」
 
 長門「…」
 
 長門「彼女の名前は?」
 
 キョン「えっ?」
 
 長門「貴方は私の子供に『ゆきりん』と命名した。
    朝比奈みくるの子供にも命名することは自然だと思われる」
 
 キョン「それもそうだな」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:31:20.32 ID:eWgG6ViJO

 キョン(う?ん…ゆきりんも長門の『有希』からとったのを考えると、
     朝比奈(小)も『みくる』からが妥当か)
 
 キョン「よし!」
 
 朝比奈(小)「!」チラッ
 ゆきりん「!」チラッ
 長門「・・・」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:34:53.85 ID:eWgG6ViJO

 キョン「名前は『みく』でどうだ?」
 
 朝比奈(小)「みく…」
 
 キョン「嫌か?」
 
 朝比奈(小)「…」フルフル
 
 ゆきりん「みくちゃん?」
 
 みく「!」
 
 ゆきりん「みくちゃん!みくちゃん!」
 
 みく「うん」ニッコリ
 
 長門「・・・」ウズウズ
 
 キョン「どうした?長門」
 
 長門「・・・」フルフル
 
 
 ガチャ
 古泉「どうも、遅れました」
 
 キョン「厄介なのがお出ましだ」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 06:49:43.46 ID:eWgG6ViJO

 古泉「おやおや、これは一体?」
 
 長門「彼とわた モガッ
 
 キョン「長門、誤解を招く言い方はやめてくれ」
 
 古泉「どうやら訳ありのご様子ですね」
 
 ……………………………………………
 
 古泉「なるほどなるほど」ニヤニヤニヤ
 
 キョン「やめろいつも以上にニヤケ面しやがって」
 
 古泉「ふふっそれは失礼しました」ニヤニヤニヤニヤ
 
 キョン「忌々しい」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:09:16.01 ID:eWgG6ViJO

 古泉「笑ってばかりはいられませんね」
 
 キョン「笑ってたのはお前一人だったがな」
 
 古泉「あなたには今回の原因にお心当たりがおありのようですが…」
 
 キョン「まあな、あれぐらいしか思いつかん」
 
 古泉「では解決もとい、涼宮さんのご説得をお願いしますね」
 
 キョン「やっぱりそうくるか」
 
 古泉「あなた以外に適役はおられませんから」
 
 キョン「どうして俺ばっかり…」ブツブツ
 
 古泉「………ふふっ」
 
 キョン「なんなんだ気色悪い」


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:33:41.98 ID:eWgG6ViJO

 古泉「いえ、ふと思ったのです。
     こんなに子沢山ならば
     あなたの将来は子孫を残すという点ではとても安泰ですね」
 
 キョン「子孫って…」
 
 古泉「おや、違いましたか?『お父さん』?」
 
 キョン「やめろ」
 
 古泉「ふふっ」ニコニコ
 
 キョン「余裕だな」
 
 古泉「今回ばかりは物騒どころか微笑ましいですからね」
 
 
 みく&ゆきりん「きゃはは」ワイワイ
 長門「・・・」ジィー


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 07:54:41.19 ID:eWgG6ViJO

 キョン「まぁ、最悪の事態は避けられたな」
 
 古泉「といいますと?」
 
 キョン「まさかお前の子供が現れたりしたら卒倒もんだ」
 
 古泉「あり得ませんね。   
     僕もあなたも男ですし、生物的にみて不可能ですから」
 
 キョン「そうだな」
 
 古泉「そうです」
 
 
 つんつん
 
 古泉「ん?」
 
 子泉「あの…」
 
 古泉「」ガタガタガタガタガタガタガタガタガタガタ


100 :>>89 お疲れ様 おやすみなさい:2010/11/16(火) 11:49:36.78 ID:eWgG6ViJO

 古泉「ま、まままさか…」
 
 長門「あなたと彼の子供」
 
 キョン「」
 
 古泉「そんな、どうして!」
 
 長門「涼宮ハルヒがそう望んだから」
 
 古泉「」
 
 
 ゆきりん「…ほも?」
 
 みく「ぴゃっ」
 
 
 キョ泉「」グサッ
 
 かいしんのいちげき !


102 :>>92 正解 他にも元ネタあり:2010/11/16(火) 12:02:27.94 ID:eWgG6ViJO

 子泉「あの…大丈夫?」ユサユサ
 
 キョン「はっ!」
 
 子泉「・・・?」
 
 キョン「・・・」
 
 キョン(こいつにはなんの罪もないんだよな…)
 
 キョン「ああ、大丈夫だ」
 
 子泉「よかった」ニッコリ
 
 キョン(予想外だが…いい子じゃないか)
 
 ガララ…
 
 キョン「ん?」
 
 古泉「お父さん、お母さん、こんな息子になってしまい申し訳ありません。
    先立つ不幸をお許しください」
 
 キョン「うおおおぉぉぉぉぉい」ガビーーン


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 12:55:51.42 ID:eWgG6ViJO

 キョン「何やってんだ!」グギギギ
 
 古泉「離して下さい!あなたに僕の気持ちがわかりますか!?」グググ
 
 キョン「同じだろうが!」
 
 古泉「なら、なおさら離して下さい!」
 
 キョン「こんな場所で死ねるか!
     第一、あいつが見てるだろ!」
 
 古泉「!」ビクッ
 
 子泉「死なないで!」ポロポロ
 
 古泉「あぁ…」ズキッ
 
 子泉「死なないで!  お母さん!!!」
 
 古泉「」
 
 いちげきひっさつ !


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 13:01:21.58 ID:sbq7eKwW0

 おwww母wwさwwwwwんwwwww

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 13:16:48.14 ID:DY9dwbZWP

 古泉は苦労人だなぁ
 がんばれ

109 :書きためヤバイ…:2010/11/16(火) 13:33:38.51 ID:eWgG6ViJO

 子泉「だ…大丈夫?」ユサユサ
 
 古泉「」ピクピク
 
 キョン「やれやれ、早急に解決したほうがよさそうだ。
     長門、面倒をまかせられるか?」
 
 長門「平気」コク
 
 ゆきりん「どこに行くの?」
 
 みく「?」
 
 キョン「ちょっとな。いい子にしてるんだぞ」
 
 ゆきりん「うん!」
 みく「ふぁ、はぁい!」
 
 キョン「お前はこいつをみておいてくれ」
 
 子泉「うん…」コクッ


112 :>>111 えす之ってなんぞ?:2010/11/16(火) 14:05:35.38 ID:eWgG6ViJO

 キョン(そういえば、こいつの名前はまだだったな…)
 
 キョン「かずき!」
 
 子泉「!」
 
 キョン「お前は『かずき』だ」
 
 かずき「かずき…」
 
 キョン「そのまんまな気もするが、なかなかいいだろ?」
 
 かずき「うん!」パァ
 
 キョン「いい笑顔だ。頼むからあいつみたいにはなるなよ」
 
 かずき「??」


115 :>>113 サンキュウ 今は余裕がないからムリだけど:2010/11/16(火) 14:37:07.96 ID:eWgG6ViJO

 キョン「さてと、行ってくるか」
 
 長門「いってらっしゃい」
 
 ゆきりん「いってらっしゃ?い」
 
 みく「いってらっちゃい」
 
 かずき「いってらっしゃい」ペコリ
 
 キョン(出勤を見送られる父親はこんな気持ちなんだろうな)
 
 キョン「ああ」
 
 
 キョン(…………………………………………………………)
 
 
 キョン「じゃあな」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 15:23:19.00 ID:eWgG6ViJO

 キョン(まずはハルヒを見つけんことには話は進まないな
     頼むからこれ以上は勘弁してく…)
 「あはっ!なかなかスジがいいね!気に入ったよ」
 
 キョン「世の中そんなに甘くないか」
 
 
 鶴屋(娘)「にょろーん、にょろーん」シュバッ、シュバッ
 
 鶴屋「いい感じにょろ、鶴屋流古武術免許皆伝も近いかもね!」
 
 鶴屋(娘)「めがっさ、めがっさ」シュババババ
 
 キョン「…」
 
 鶴屋「やぁキョン君、元気かい!」
 
 キョン「あぁ…鶴屋さん。とてもお元気そうですね」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 15:50:21.18 ID:eWgG6ViJO

 鶴屋(娘)「にょろにょろにょろ?」
 
 鶴屋「さすがのあたしも、
    こんな元気な娘っ子が急に出てきてびっくりしたさっ!
    しかもこんなに骨のある子ははじめてだよ!才能を感じるにょろ!」
 
 キョン「ははは…………ってハルヒ!
     ハルヒの奴を見掛けませんでしたか!?」
 
 鶴屋「う?ん…ここでしばらくこの子に稽古をしていたけど
    ハルにゃんは見掛けなかったよ?」
 
 キョン「そうですか…わかりました。ありがとうございます」タタッ
 
 
 鶴屋「さて、まだまだいくよ?」
 
 鶴屋(娘)「めがっさー」オー!


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 16:13:57.92 ID:eWgG6ViJO

 ?in部室?
 
 おおゆうしゃよ、しんでしまうとはなさけない
 
 長門「レイズ」
 
 古泉「…う?ん」
 
 みくる「大丈夫ですかぁ?古泉くん」
 
 古泉「はっ!朝比奈さん」
 
 長門「起きた?」
 
 古泉「長門さんも。僕は夢をみていたのでしょうか…」
 
 ワイワイ
 みく「ぴぇ?落ちちゃいますぅ」アセアセ
 
 ゆきりん「くっ…かずき、ここはあなたに任せた」
 
 かずき「任せて下さい」カシャカシャ
 
 長門「チクタクバンバン。非常に面白い」
 
 古泉「…」


122 :現在クライマックス製作中:2010/11/16(火) 17:12:41.95 ID:eWgG6ViJO

 長門「あなた達二人を呼んだのはほかでもない」
 
 朝・古「??」
 
 長門「直に彼は涼宮ハルヒと接触し、
    再び世界は改変されこの事象は消失する」
 
 古泉「それは助かります」
 
 長門「つまり時間は残されていない」
 
 みくる「?」
 
 長門「あの子供達は改変とともに消失する」
 
 朝・古「!!」
 
 長門「それまでの間、共に時間を過ごすことを推奨する」
 
 朝・古「……………」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 17:24:57.72 ID:eWgG6ViJO

 キョン(鶴屋の言葉通りならハルヒは旧館には行っていない。
     一番妥当なのはやっぱり教室あたりか?)
 
 「キョン」
 
 キョン「誰だ?」
 
 国木田「僕だよ」
 
 キョン「国木田か、ちょうどよかった。お前ハル…!」
 
 国木田「どうしたの?」
 ピタッ
 国木田(子)「…」ギュッ
 
 キョン「ですよねー」


124 :>>123 鶴屋× 鶴屋さん○:2010/11/16(火) 17:37:47.64 ID:eWgG6ViJO

 国木田「! おや、どうしたんだい?もしかして迷子さんかな?」
 
 国木田(子)「お母さん?」
 
 キョン「!!」
 
 国木田「あはは。面白い子だね。僕がお母さんににているのかな?」
 
 国木田(子)「…」ジィー
 
 キョン「!」ビクッ
 
 国木田(子)「お父  キョン「わあ゛ぁーわあ゛ぁぁー」
 
 国木田「ちょっとキョンどうしたの?谷口みたいだよ」
 
 キョン「あぁすまん。急性突発谷口病を患ってな。
     と、ところでハルヒを見掛けなかったか?」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 17:49:17.21 ID:eWgG6ViJO

 国木田「涼宮さんなら教室で見掛たけど…」
 
 キョン「本当か!?」
 
 国木田「うん。なんだかとても悩んでいるように見えたから印象に残ってるよ」
 
 キョン「悩んでる?」
 
 国木田「憂鬱そうなオーラを出してたからね。…行ってあげれば?」
 
 キョン「!…ああ、そうするよ」
 
 国木田「くすっ。じゃあバイバイ。僕はこの子を保護してあげないとね」
 
 キョン「じゃあな」
 
 国木田(子)「…」ジィー
 
 キョン「!」ビクッ
 
 国木田「お兄さんにバイバイしようか」
 
 国木田(子)「バイバイ」ニコッ
 
 キョン「あぁ…バイバイ」ダッ
 
 
 キョン(…さすがは国木田の子供 空気が読めるやつだな)


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 17:57:53.00 ID:eWgG6ViJO

 ?in部室?
 
 ゆきりん「…」ペラッ
 
 長門「…」ペラッ
 
 ゆきりん「おもしろい?」
 
 長門「…ユニーク
    ……面白い?」
 
 ゆきりん「うん、ゆにーく」ペラッ
 
 長門「…そう」ペラッ


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 18:10:24.73 ID:eWgG6ViJO

 コポコポコポ
 みく「う、うーん」ドキドキ
 
 みくる「慌てなくていいんですよぉ。ゆっくりやりましょうね」
 
 みく「はぁい」
 
 みくる「完成ですぅ。お疲れ様でした」ナデナデ
 
 みく「えへへ」テレッ
 
 みくる「じゃあ、みなさんにお茶を淹れましょうか」
 
 みく「はーい」ドキドキ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 18:17:19.35 ID:eWgG6ViJO

 古泉「う?ん」パチパチ
 
 かずき「む?」パチパチパチ
 
 古泉「おや、では」パチパチパチパチパチ
 
 かずき「なら…こうです」パチパチパチパチパチパチパチパチ
 
 古泉「おやおや、お強いですね。
    これなら将来はオセロ名人になれそうですよ」
 
 かずき「そんな…まだまだです」
 
 古泉「そうでもありませんよ」ニコッ
 
 かずき「ふふ」ニッコリ


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 18:22:33.67 ID:gG26IDl60

 なんか・・・和むなオイ。
 支援上げ

132 :クライマックスは重い話になっちゃいました…すまん:2010/11/16(火) 18:27:25.89 ID:eWgG6ViJO

 みくる「お茶とお菓子の用意ができました?」
 
 みく「よいしょ、よいしょ」
 
 
 長門「…」コクッ
 
 ゆきりん「…」ワクワク
 
 
 古泉「いつもありがとうございます」ニッコリ
 
 かずき「い、いただきます」ソワソワ
 
 
 長門「!………彼が涼宮ハルヒと接触するもよう」
 
 朝・古「!!」
 
 ゆ・み・か「??」
 
 
 
 長・朝・古「…………………………………………………」


135 :>>133 NO…あの人のはすごく面白いね。俺にはムリぽ:2010/11/16(火) 18:45:07.39 ID:eWgG6ViJO

 キョン(やっと教室か、遅くなっちまった。
     ハルヒは………いた)
 
 ハルヒ「………」
 
 キョン「どうしたハルヒ。部室にも来ないで」
 
 ハルヒ「キョン!
     別に何でもないわよ。 今から行こうと思ってたわ…」
 
 キョン「そうかい」
 
 
 
 キョン「…」ソワソワ
 
 ハルヒ「なによ、黙り込んでキョロキョロしちゃって」
 
 キョン「……いや」
 
 キョン(…………いない………のか?)


137 :ラストが後味悪いww後日談つけたいが時間ないワラエナイ:2010/11/16(火) 18:59:29.21 ID:eWgG6ViJO

 キョン「…なぁハルヒ」
 
 ハルヒ「なによ」
 
 キョン「なんか悩みでもあるのか?」
 
 ハルヒ「あたしは悩みなんてないわ」
 
 キョン「そうか…」
 
 ハルヒ「ただ…」ボソッ
 
 キョン「ん?」
 
 ハルヒ「な、なんでもないわよ…」フイッ
 
 
 キョン(んん?
     ……この光景は確か今朝もあったよな…)


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 19:13:44.36 ID:eWgG6ViJO

 『今朝ニュースで芸能人のできちゃった婚の話題があったの』
 
 『何だかおめでたい雰囲気になってたから気になっただけよ』
 
 『それはそうかもしれないけど…』
 
 『キョンはそう思うのね』
 
 『ただ…』
 
 キョン(………そして見当たらない子供
     そういうことか……ハルヒ)
 
 
 キョン「なぁ、今朝のできちゃった結のこと覚えてるか?」
 
 ハルヒ「!!」


140 :>>138 「できちゃった婚」だなミスすまそ:2010/11/16(火) 19:29:53.59 ID:eWgG6ViJO

 ハルヒ「覚えてるわよ!それがどうかしたの」
 
 キョン「ハルヒ、お前はどう思ってるんだ?」
 
 ハルヒ「!」
 
 キョン「朝は俺の意見しか言ってないだろ。ハルヒの意見はどうなんだ?」
 
 ハルヒ「あたしは…」
 
 ハルヒ「あたしだっておめでたいことだと思うわ。
     結婚とか出産なんて女が憧れるものだからね。 
     あ、あたしは別にそこまでってほどじゃなけど。」
 
 キョン「……」
 
 ハルヒ「ただ…」
 
 キョン「ただ?」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 19:45:28.98 ID:eWgG6ViJO

 ハルヒ「子供ができちゃったから結婚するってのは
     …なんか気に入らないのよね」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「だってそうでしょ?
      じゃあ子供が出来なかったら結婚しなかったの?
      そもそも子供が産まれるから結婚するって
      なんだか子供を利用しているようでいやな感じだし」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「別に糾弾するつもりはないのわ。
     人生なんてそいつがやりたいようにやればいいのよ」
 
 ハルヒ「でもその過程で産まてくる子供が
     『望まれない子供』なんて言われるのは絶対にいや!」
 
 キョン「!」


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 19:51:41.53 ID:/bKM/CLf0

 つもりはないのわ

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 19:58:22.60 ID:/D7YO4NS0

 なんでハルヒがまともな事言ってるんだ
 
 ああそうかこれは夢かそうだなそうにちがいない

144 :>>142 全俺が笑い死んだ…脳内修正たのむ:2010/11/16(火) 20:09:05.95 ID:eWgG6ViJO

 ハルヒ「なによ『望まれない子供』って子供は親を選べないじゃない。
     親の都合で好き勝手に扱われて…いい迷惑だわ」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「もしも…もしもあたしや有希、みくるちゃんや古泉君…
     そしてあんたがそんなことで産まれてこなくなったら
      …悲しいじゃない…」
 
 キョン「ハルヒ…」
 
 ハルヒ「だから…あたしはできちゃった婚って
      なんだか素直に喜べなかったのよ!悪い!?」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「・・・・・・・」
 
 キョン「…………」
 
 ハルヒ「・・・………」
 
 キョン「いいんじゃないか?」
 
 ハルヒ「!」


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 20:31:09.48 ID:Onx6Q3HO0

 キョン「いいんじゃなイカ?」

148 :急遽書き直し…時間掛かって申し訳ない:2010/11/16(火) 21:00:32.54 ID:eWgG6ViJO

 もしも俺が北高に行かなかったら。
 
 もしも俺が転校をしていたら。
 
 もしも俺が俺の両親から産まれてこなかったら。
 
 もしも俺が『望まれない子供』だったら。
 
 
 今ある出会いは全て無かったことになる。
 
 あの12月の出来事なんて目じゃないくらいに。
 
 
 ハルヒはそれが嫌だった。
 …だからできちゃった婚への拒否反応でこんなことになっちまったのか…
 
 キョン「お前の言いたいことはわかった」
 
 ハルヒ「キョン」
 
 キョン「でもな」


149 :チクチクバンバンは長門さん(&あしゃくらさん)宅のもの:2010/11/16(火) 21:09:40.70 ID:eWgG6ViJO

 キョン「子供ってすごくかわいいんだぜ」
 
 ハルヒ「………」
 
 キョン「純粋だったり、おっちょこちょいだったり、まぁおませな奴もいるがな」
 
 キョン「俺はそういう奴ら一人一人が愛おしい。
     そんな新しい家族との出会いってワクワクするだろ?」
 
 ハルヒ「……」
 
 キョン「だからできちゃった婚だからって、
     そうそう悲観的になることもないと思うがな」
 
 ハルヒ「…」
 
 キョン「どうだ?」
 
 ハルヒ「あんたにしては、いいこと言うじゃない」


150 :あと少し。長く待たせてしまい申し訳ない…:2010/11/16(火) 21:16:03.57 ID:eWgG6ViJO

 キョン「結局は………まぁ…なんというか…
     そういうことはよく考えてからにしろってこと…だな///」カァ…
 
 ハルヒ「うっ……ま、まぁそんな感じね///」カァ…
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「………」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「………」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「………」
 
 キョン「………」
 
 ハルヒ「………なんか言いなさいよ…」
 
 キョン「…………顔が赤いぞ」
 
 ハルヒ「あ…あんただってそうじゃない!」バシィッ
 
 キョン「いてぇ!」


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 21:27:54.84 ID:eWgG6ViJO

 ハルヒ「あ?あ…スッキリしたわ。
      案外バカキョン相手でも話してみれば
      すがすがしい気分になるものね」
 
 キョン「おい、どういう意味だ」
 
 ハルヒ「そのままよ」
 
 キョン「やれやれ」
 
 
 
 ハルヒ「キョン」
 
 キョン「ん?」
 
 ハルヒ「ありがと」
 
 キョン「…あぁ」


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 21:33:57.49 ID:eWgG6ViJO

 キョン(『できちゃった結』から脱線を経て、
     よくもまあこんな話題まであがったもんだ。
     世の中なにがあるかわからん。)
 
 キョン(そして……ハルヒが満足したということは…)
 
 ♪ダーレーヨリモ カゼヨリモ オレヨリモ ツヨイハズダッタ♪
 
 ハルヒ「キョン携帯鳴ってるわよ」
 
 キョン「あぁ…」
 きちまったか…
 
 長門より届いたメールを簡潔に表すなら、
 改変が行われいつもの日常に戻ったらしい。
 
 それはつまり……………………………
 
 キョン(ゆきりん、みく、かずき…鶴屋さんと国木田も…)


155 :ラスト※プロポーズではないのです:2010/11/16(火) 21:49:16.53 ID:eWgG6ViJO

 キョン(みんな…)ウルウル・・・グスッ
 
 ハルヒ「えっ?…なんであんた泣いてんのよ?!」オロオロ
 
 キョン「泣いとらん」グズグズ
 
 ハルヒ「ど…どうしたのよ」オロオロ・・・
 
 キョン「ハルヒ!」
 
 ハルヒ「なによ!」オロロ
 
 キョン「俺は子供が出来たら責任持って育てる!」
 
 ハルヒ「へ?!」カァァァァァァ
 
 キョン「俺の子供はみんないい奴ばっかりで、かわいくて…
     だから望まれない子供だなんて言わせん!絶対だ!」
 
 ハルヒ「キョキョキョ…」ボンッ
 
 (だから、また出会う日まで…)
 
 おわり


156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 21:49:58.03 ID:jsj6A9TF0

 乙

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 21:54:43.95 ID:DY9dwbZWP

 乙、ご苦労様
 ちょっと切ない

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/16(火) 22:01:05.23 ID:ozIlVZlYO

 >>1 乙!とても良かったよ


このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...