dyt

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:10:21.07 ID:tfGSXrIrP

 亜美「た・か・す・くぅ?ん♪」
 
 竜児「なんだよ、気持ち悪いな」
 
 亜美「あみちゃん、喉渇いちゃったんだ?」
 
 竜児「ジュースならおごらないからな」
 
 亜美「チッ、しけてるわね、相変わらず」
 
 竜児「お前も相変わらずだな、その豹変ぶりは」
 
 亜美「えー?何のことぉ?あみちゃんわかんな?い」
 
 竜児「それだよ、それ……まったく」
 
 亜美「……なんか最近元気ないね、高須くん」
 
 竜児「おう?そうか?」
 
 亜美「ま、それもそーよねー。
     愛しの大河様は出て行ったっきり連絡もよこさず」
 
 竜児「う」
 
 亜美「駆け落ちだー、結婚だー、なんて言ってたのに、
     気づいてみたら放置プレイ」
 
 竜児「うう」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:21:45.43 ID:tfGSXrIrP

 亜美「まさに忠犬ハチ公って感じ?やーん、けなげ」
 
 竜児「う、うるせえ!」
 
 亜美「……ね、ほんとにあれから全然連絡ないの?」
 
 竜児「ねぇよ」
 
 亜美「高須くんからもしてないの?」
 
 竜児「してねえ」
 
 亜美「……何それ、意味わかんない」
 
 竜児「きっと、あいつだって色々考えて、
     考え抜いてそうすることにしたんだよ」
 
 竜児「だったら、俺はあいつの気が済むまで待つしかないだろ」
 
 亜美「あーあ、なんかウザいなあ。
     なんであんたたちってそうなの?」
 
 竜児「な、なんだよ」
 
 亜美「べーつにぃ。
     ていうかあみちゃん二人のこととかどうでもいいし」
 
 竜児「だったらつっかかってくるなよな……」
 
 亜美「(どうでもいいけど……納得はできないのよ)」
 
 竜児「?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:29:33.85 ID:tfGSXrIrP

 ?放課後・自販機前?
 
 亜美「(だいたい、大河も大河なのよ。
     彼氏できた瞬間に放置してどっか行くなんて)」
 
 亜美「(ほんと、二人ともどういう神経してんのかしら)」
 
 亜美「(俺たちはいつでも心でつながってるぜー、
     とか言うのかしら。うぇー、キモいキモい)」
 
 亜美「(……あたしはそんなの信じない。
     だれだって、好きな人の声が聞きたいし、
     温もりが欲しいし……傍にいたいと思う)」
 
 亜美「(なんで高須くんはあれで平気なのよ)」
 
 亜美「(あたしは、みのりちゃんは、祐作は、
     こんな状況にするために二人の背中を押したの?)」
 
 亜美「……」
 
 亜美「はあ」
 
 亜美「こんなとこ挟まって考え事してると、
     あたしの方まで鬱屈してくるわ」
 
 亜美「……ちょっと屋上で風にでも当たってこようかな」


233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 23:57:18.45 ID:c/zqZ0+g0

 >>9
 > 亜美「こんなとこ挟まって考え事してると、
      あたしの方まで鬱屈してくるわ」
 壁と自販機の隙間?

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:35:31.65 ID:tfGSXrIrP

 ?放課後・屋上?
 
 ガチャ
 
 亜美「んー、いい天気」
 
 竜児「え?う、うわっ!?」
 
 亜美「きゃっ!?た、高須くん?」
 
 竜児「な、なんだ……川嶋か。おどかさないでくれよな」
 
 亜美「高須くんこそこんなところで……あっ」
 
 竜児「……なんだよ」
 
 亜美「ねえ、もしかして今、泣いてた?」
 
 竜児「……!」
 
 亜美「……やっぱりつらいんだ」
 
 竜児「い、いや!違うぞ!これは屋上の掃除をしてたら埃が目に入ってだな!」
 
 亜美「もういいよ」
 
 竜児「何勘違いしてるんだよ、俺は全然……」
 
 亜美「もう、いいから」

 

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:46:38.55 ID:tfGSXrIrP

 竜児「か、川嶋……?」
 
 亜美「私ね、今正直ほっとしてるの」
 
 竜児「なんだよそれ」
 
 亜美「高須くんもおんなじなんだってね」
 
 竜児「はあ?」
 
 亜美「だれだって、好きな人の声が聞きたい。
     温もりが欲しい。傍にいたいと思う。そうでしょ?」
 
 竜児「それは」
 
 亜美「それが例え相手にとって迷惑になるってわかってても、
     本当はそうしていたい」
 
 亜美「でも、高須くんはそれができないんだ。優しいから。
     そして、大河のこと、本当に好きだから」
 
 竜児「いや、その」
 
 亜美「でも、辛いのよ。それは、すごくすごく、辛いことなの」
 
 竜児「……」
 
 亜美「いいよ、無理しなくても。誰かに泣きつけばいいじゃない」
 
 竜児「川嶋……」
 
 亜美「あたしも、みのりちゃんも、祐作も、
     みんな高須くんの味方なんだから」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 18:56:26.83 ID:tfGSXrIrP

 亜美「ほら、このあみちゃんが話聞いてあげるって言ってるのよ?」
 
 竜児「え?」
 
 亜美「愚痴でも何でも、言いたいこと全部言えばいいじゃない」
 
 竜児「いや、けど、面と向かって話せと言われても、恥ずかしいだろ」
 
 亜美「なに?いっちょ前にかっこつけてんの?」
 
 竜児「そ、そんなんじゃねえよ!」
 
 亜美「あーあ、ほんっとめんどくさい。
     あみちゃん生理的に受け付けないタイプ」
 
 竜児「ほっとけ!」
 
 亜美「……ほら、向かいあうのが嫌なら、こうやって喋ればいいでしょ」
 
 どさっ
 
 竜児「おうっ!?な、なな、何すんだ川嶋!
     こ、これはお前、ひ、ひひ、ひざまく」
 
 亜美「う、うるさい!あみちゃんが慰めてやるって言ってんの。
     大人しくわんわん泣き言言いなさいよ」
 
 竜児「か、川嶋……」
 
 亜美「……いくら泣いても泣き足りないくらい寂しいってとこだけ、
     同情してあげる」

 

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:12:09.73 ID:+a9QtjA0O

 亜美ちゃんとかマジ俺得

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:17:39.82 ID:3w5lAVcs0

 亜美ちゃんまじ天使

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:30:45.27 ID:tfGSXrIrP

 ?5分後?
 
 竜児「……」
 
 亜美「ねえ」
 
 竜児「……」
 
 亜美「なんか喋りなよ」
 
 竜児「……そりゃ辛いさ。毎日が気が気じゃない」
 
 竜児「これからって時に、突然居なくなって」
 
 竜児「今までのことは全部夢だったんじゃないか
     って思うことだってある」
 
 竜児「でも、あいつが自分で決めたことなんだ」
 
 竜児「我侭で、幼稚で、自分勝手なあいつが、
     前に進むために自分で決めたんだ」
 
 竜児「俺に頼るんじゃなくて、自分の力でだ」
 
 竜児「そんなの邪魔できるわけないじゃないか」
 
 竜児「だけど、だけどな」
 
 亜美「……うん、苦しいよね」
 
 亜美「がんばったね、高須君」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 20:45:26.24 ID:tfGSXrIrP

 亜美「(好きだから、自分の気持ちを抑えて、我慢して、ボロボロになって)」
 
 亜美「(私と、すごく似てるんだ)」
 
 亜美「(だから……こんなに好きになっちゃったのかな……)」
 
 亜美「……高須くん」
 
 なでなで
 
 竜児「か、川嶋」
 
 亜美「いいんだよ、私には本音でさ」
 
 竜児「?」
 
 亜美「私は、高須くんと同じ方向を向いてるから」
 
 亜美「ベクトルって、わかるでしょ」
 
 竜児「……何の話だよ、急に」
 
 亜美「タイガーはね、高須くんと正反対の矢印なの。
     だからいつもお互い向き合って、ぶつかり合ってる」
 
 亜美「みのりちゃんは、それとも違う方向の矢印。
     二人はどこかで一回交わるけど、それから先はまた別々の道を行くの」
 
 亜美「それで、私は一緒。高須くんと同じ方向の矢印。
     横並びになって同じ向きに進んでるのよ」
 
 亜美「……近づくことも、離れることもできない、
     そういう平行線なの」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:07:32.92 ID:tfGSXrIrP

 竜児「……なあ、それって」
 
 亜美「……だからね」
 
 亜美「タイガーにぶつけると、相手を傷つけちゃったり、
     困らせちゃったりするような本音でもさ」
 
 亜美「私だったら聞いてあげられるのかなってね」
 
 竜児「……ありがとな、川嶋」
 
 亜美「(声が震えてる……高須くんの背中ってこんなに小さかったんだ)」
 
 亜美「(……支えてあげなきゃ、壊れちゃいそう)」
 
 亜美「……うん」
 
 竜児「……」
 
 亜美「(高須くん……泣いてる)」
 
 亜美「ふふ、かわいーね、高須くんの泣き顔」
 
 竜児「……ば、ばかやろ」
 
 亜美「よしよし」

 
 なでなで

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:12:54.12 ID:tfGSXrIrP

 竜児「川嶋、その、もう大丈夫だから」
 
 亜美「そう?」
 
 亜美「あーあ、あみちゃんお腹すいちゃったなあ」
 
 竜児「は?」
 
 亜美「ねえねえ高須くん、あみちゃんクレープ食べたいな」
 
 竜児「あのなあ」
 
 亜美「なーにー?まさか
     あみちゃんにタダで膝枕してもらえると思ってたの?」
 
 竜児「あー!わかったよ!おごればいいんだろ、おごれば!」
 
 亜美「あははっ……ねえ、高須くん」
 
 竜児「おう?なんだ、って……んんっ!?」
 
 ちゅっ
 
 亜美「……あみちゃんの、元気になるおまじない♪」
 
 竜児「え?お、おま……え?ええっ!?」
 
 亜美「キャハハ!やだー、顔真っ赤じゃん。
     超からかいがいがあるんですけど!」
 
 竜児「お、お前なあ!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:31:09.85 ID:vdR+Ik4mO

 ちょー天使なんでけどー

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 21:33:19.92 ID:tfGSXrIrP

 ?数日後?
 
 亜美「ねえ、高須くん」
 
 竜児「おう、どうした」
 
 亜美「今日、伯母さんたち出かけてて、家に私一人なの」
 
 竜児「お、おい、どういう意味だ」
 
 亜美「?」
 
 竜児「お、お前な!俺をからかうのもいい加減に」
 
 亜美「はあ?」
 
 竜児「え」
 
 亜美「私はただ、コンビニ飯も飽きたから
     晩御飯食べに行ってもいいかって聞いてるだけなんだけど」
 
 竜児「え?あ、そ、そうか」
 
 亜美「何想像してたの?超キモいんですけど」
 
 竜児「あー、いや、なんでもないぞ」

 
 

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/03(金) 22:08:02.49 ID:mY+2M17b0

 すごい脳内再生率

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 00:20:37.65 ID:vFuSlqAv0

 ?放課後?
 
 竜児「おい川嶋、スーパーいくぞ」
 
 亜美「え?」
 
 竜児「いや、うちで食うんだろ?晩飯」
 
 亜美「あぁ、その話」
 
 竜児「なんだよその反応は」
 
 亜美「結局OKだったんだーって思っただけ」
 
 竜児「おう、そうか。確かにさっきちゃんと返事してなかったかもな」
 
 亜美「うん、ていうかなんで亜美ちゃんまで買い物ついていかなきゃなんないの?」
 
 竜児「働かざるもの食うべからず、だ」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 08:28:45.42 ID:XL7pWWhl0

 ?スーパー?
 
 竜児「なあ川嶋、何食べたいんだ?」
 
 亜美「え?うーん……フランス料理のフルコースとか」
 
 竜児「そんなもん俺のレシピの中にはねえ」
 
 亜美「えー、じゃあ……チャーハン」
 
 竜児「チャーハン?チャーハンでいいのか?」
 
 亜美「うん、亜美ちゃんチャーハンが食べたい」
 
 竜児「おう、そうか。じゃあ、チャーハンに……
     そうだな、ワンタンスープでも作るか」
 
 亜美「……うん」
 
 亜美(高須君の家で初めて食べるご飯がチャーハンって……
     なんか当てつけみたいかな)


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 08:52:02.12 ID:XL7pWWhl0

 ?高須家?
 
 亜美「すごーい、高須君ロボットみたい」
 
 竜児「そんなことねえよ、
     タネを適度な大きさに作って丁寧に皮で包むだけだ」
 
 竜児「そうだ川嶋、お前もやってみるか?」
 
 亜美「え?いいよ、
     高須君みたいに上手く出来ないし亜美ちゃんはパース」
 
 竜児「働かざるもの食うべからず、だ」
 
 亜美「え?!さっき買い物手伝ったじゃん」
 
 竜児「それはそれ、これはこれだ。ほら、やってみろって」
 
 亜美「……わかった。やればいいんでしょ、やれば」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 09:04:04.96 ID:XL7pWWhl0

 竜児「おう……いいぞ、その調子だ」
 
 竜児「もっと力抜いて……そう優しく」
 
 竜児「そうだ……指先で撫でるように」
 
 亜美「……」
 
 竜児「うん?どうした川嶋?手が止まってるぞ」
 
 亜美「ああもう!高須君ウザい!いちいち細かいのよ!」
 
 竜児「う、ウザいってなんだよ!
     ワンタンスープで一番大事なのはこのワンタンを作る工程なんだぞ!」
 
 竜児「俺はただ丁寧に分かりやすく教えてるだけだ!」
 
 亜美「だからって、全部機械で作るみたいに
     均等に同じ大きさで作る必要ないでしょ!」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 09:21:38.92 ID:XL7pWWhl0

 泰子「ああ?、もううるさいよお?!どうしたのお?、
     竜ちゃ?ん?ってあれえ、亜美ちゃんだ?!」
 
 亜美「あ、泰子さん!お久しぶりですう?!」
 
 竜児(おう!?一瞬でぶりっ子モードになった……)
 
 泰子「わあ?、亜美ちゃん今日もカワイイでガンスなあ?!」
 
 泰子「竜ちゃん?!何で亜美ちゃん来てるって
     言ってくれなかったのお??」
 
 竜児「言ったじゃねえか……寝ぼけながら、うなずいてたぞ」
 
 泰子「ええ??やっちゃん覚えてな?い?!
     あ、そうだ!亜美ちゃん、今日は何で遊びに来てくれたの??」
 
 亜美「居候させてもらってる伯母さんたちが出かけちゃってて?、
     そしたら高須君がお夕飯をご馳走してくれるって言ってくれてえ?!」
 
 亜美「だから今、高須君のお手伝いしてたんですう?!」
 
 竜児「お、おいまだ……」
 
 泰子「そうだったんだあ?!竜ちゃ?ん!
     亜美ちゃんにお手伝いさせちゃ駄目だよお?!」
 
 泰子「亜美ちゃん、ちょ?っと狭いかもしんないけどお?、
     ゆっくりしていってえ?!」
 
 亜美「泰子さん、ありがとうございますう?!」
 
 竜児(川嶋、アイツ……泰子使って
     上手くサボりやがった……)


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 09:37:26.87 ID:XL7pWWhl0

 泰子「じゃあ、竜ちゃん亜美ちゃん行ってくるねえ?!」
 
 亜美「いってらっしゃ?い!」
 
 竜児「……相変わらずお前の変身はすごいな、
     泰子使って上手くサボりやがったし」
 
 亜美「え??何のこと??亜美ちゃんわかんな?い」
 
 竜児「はあ……まあ、いいんだけどよ。
     大河はいつも手伝わな……あ」
 
 亜美「……ご飯食べよ!早くしないと冷めちゃうよ!」
 
 竜児「お、おう……」
 
 亜美(……私と一緒に居ても、
     思い出すのはやっぱタイガーのことなんだね)


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 09:49:29.09 ID:XL7pWWhl0

 亜美「このワンタンおいしい?!誰が作ったんだろ??」
 
 竜児「それは俺のだな、形良いし」
 
 亜美「はあ??高須君、お世辞くらい言えないの?」
 
 竜児「これが俺の作った奴、こっちが川嶋が作った奴だ……
     どっからどう見たって一目瞭然だろ」
 
 亜美「はいはい、高須君すごーい」
 
 竜児「全然褒める気ないだろ、お前……」
 
 亜美「でも……このチャーハンはホントにおいしいよ」
 
 亜美「これなら、タイガーの胃袋をガッチリ掴むのも納得がいくよ」
 
 竜児「な、何だよ急に……」
 
 亜美「ねえ、高須君……これからも時々、
     こうやって晩ご飯食べに来てもいいかな?」
 
 竜児「……おう」
 
 亜美「……ありがとう」
 
 亜美(せめて、タイガーがいない間だけでも……
     タイガーの穴埋めくらいにはなってあげないと)


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 10:06:12.18 ID:BJN5abCGO

 見てるぜ
 切ないぜ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/04(土) 21:20:56.81 ID:vFuSlqAv0

 ?晩飯後?
 
 竜児「おい川嶋、お前いつまで家にいる気だ?」
 
 亜美「えー、まだいてもいいじゃーん?
     あはは、この番組面白ーい」
 
 竜児「もう10時過ぎてんぞ。
     こんな時間に女が外歩いちゃいかんだろ」
 
 亜美「へー、心配してくれるんだー。
     でもまさかかよわい女の子一人で帰らせるわけないよね?」
 
 竜児「・・・わかってるよ、送ってく」
 
 亜美「でも亜美ちゃん眠くなってきちゃったなー、
     このままお泊りしたいかも?」
 
 竜児「ダメに決まってんだろ、ほら行くぞ」
 
 亜美「ちぇー、高須君つまんないのー」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 02:38:38.21 ID:H8LoKSLS0

 竜児「ほら、行くぞ川嶋」
 
 亜美「えー、亜美ちゃん眠たいー」
 
 竜児「ごちゃごちゃ言ってないでほら……あ、雨だ」
 
 亜美「雨?ホントだ、雨降ってる」
 
 竜児「こりゃ泰子に傘届けなきゃな、
     ほら外出る理由も出来たから行くぞ」
 
 亜美「何それ?まるで亜美ちゃん送るのがついでみたいじゃん」
 
 亜美「それに亜美ちゃん濡れたくないしー」
 
 竜児「傘なら貸してやるからよ……
     ってか、川嶋が泊まるのはマズイだろ」
 
 亜美「……タイガーにバレたら大変なことになるから?」
 
 竜児「……」
 
 亜美「……わかったよ、じゃあ行こっか」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 02:50:33.30 ID:H8LoKSLS0

 てくてく てくてく
 
 亜美「高須君、寒いね」
 
 竜児「おう」
 
 亜美「あと何週間かしたら終業式……
     今のクラスともお別れになっちゃうね」
 
 亜美「はーあ、楽しかったのにな2?C……
     やっぱ転校すれば良かったかな」
 
 竜児「……は?」
 
 亜美「あれ、言わなかったっけ?
     私、春になったら転校しようと思ってたんだよ」
 
 亜美「元々こっちに来たのは性質の悪いストーカーのせいだったんだし、
     それも落ち着いたからさ」
 
 亜美「もう戻ってもいいかなー、って思ってたり……」
 
 竜児「……何言ってんだよ」


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 02:58:08.34 ID:H8LoKSLS0

 亜美「え?」
 
 竜児「例えクラスが変わったって俺はいるし川嶋もいる……」
 
 竜児「北村や櫛枝、木原に香椎に能登に春田だっているじゃねえか」
 
 竜児「みんないるんだからさ……
     だから、そんな寂しいこと言うんじゃねえよ」
 
 亜美「高須君……」
 
 亜美(みんな、か……)
 
 亜美(……それに、一番大事なタイガーが居なくなっちゃったのにね)
 
 亜美「冗談だよ、冗談!やーい、高須君引っかかってやんのー」
 
 竜児「は?」
 
 亜美「高須君ってホント単純、すぐにマジになっちゃうよねー」
 
 竜児「川嶋、お前な……」
 
 亜美「でも、そういう所がさ……ホント……ずるいよ、高須君」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:04:06.65 ID:H8LoKSLS0

 竜児「え?今なんて……」
 
 亜美「あ、もう近いからここでいいよ!ありがとうね、高須君」
 
 竜児「え……あ、おう」
 
 亜美「じゃあ、また明日ね」
 
 竜児「あ、待てよ」
 
 亜美「なに、高須君?」
 
 竜児「ほら」
 
 亜美「傘?いいよ、もうすぐそこだし」
 
 竜児「濡れたくないんだろ?
     持ってけよ、明日返してくれればいいから」
 
 亜美「でも……」
 
 竜児「じゃあな、川嶋。また明日な」
 
 亜美「あ、高須君!……もう」
 
 亜美「……傘二本しかないのに、帰りどうするのよ」


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:17:08.45 ID:H8LoKSLS0

 ?翌日?
 
 亜美「おはようー」
 
 木原「亜美ちゃん、おはよう!」
 
 香椎「今日も寒いね」
 
 亜美「うん、ホント寒いよねー……あ、高須君!おはよう」
 
 竜児「おう、おはよう」
 
 亜美「傘ありがとうね」
 
 竜児「あ、ああ」
 
 木原「え?亜美ちゃん今の傘どうしたのー?」
 
 亜美「うん、昨日夜たまたま高須君と会ってね、
     その時亜美ちゃん傘持ってなかったから借りちゃったんだー」
 
 香椎「へえ、そうなんだ」


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:24:49.99 ID:H8LoKSLS0

 春田「……」じーっ
 
 能登「……」じーっ
 
 竜児「……な、なんだよ」
 
 春田「高っちゃん……なんで?」
 
 能登「亜美ちゃんと何があったんだよ……高須?」
 
 竜児「あ、ああ……さっき川嶋が言ってたろ、
     泰子に傘届けてる時にたまたま夜に会ったんだよ」
 
 竜児(川嶋が嘘をついたってことは
     俺も合わせといた方がいいんだろうな……)
 
 春田「なんかさー、高っちゃんずるくね?
     何でそう高確率でイベント起きるかなー」
 
 能登「春田はまだいいだろ……
     彼女いるんだしさ……俺なんてさ……」
 
 北村「おはよう!お前ら、何の話をしてたんだ?」
 
 能登「聞いてよ北村!高須がさ……」
 
 実乃梨「……」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:39:07.42 ID:H8LoKSLS0

 ?自販機前?
 
 実乃梨「やっほー、あーみん!」
 
 亜美「あれ、珍しいね実乃梨ちゃんがここに来るなんて」
 
 実乃梨「いやー、今日はやけに喉がカラッカラでさ」
 
 亜美「ふーん……」
 
 実乃梨「……あーみんさ、あれ嘘だよね」
 
 亜美「あれって?」
 
 実乃梨「朝話してた、高須君と偶然会ったって話」
 
 亜美「ヤダなー実乃梨ちゃん、亜美ちゃんが嘘なんてつくわけないじゃーん!何でそう思うのー?」
 
 実乃梨「うん、何となくなんだけどね」
 
 亜美「……」
 
 亜美「……大丈夫よ、昨日は伯母さんたちが出かけていなかったから
     高須君にご馳走してもらっただけ」
 
 亜美「他に意味なんてないんだから」
 
 亜美(少なくても高須君にとってはね……)


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:49:42.32 ID:H8LoKSLS0

 亜美「それにみんなの前で高須君の家でご飯食べましたー、
     なんて言えるわけないでしょ」
 
 実乃梨「そっか……そりゃ、失礼しましたあーみん先輩!」
 
 実乃梨「ぐびっ、ぐびっ……ぷはぁー!
      くぅー、デカ○タうめぇー!じゃっ、私はこれで……」
 
 亜美「ねえ……実乃梨ちゃん」
 
 実乃梨「なんだい、あーみん?」
 
 亜美「もしだよ……もし、タイガーが戻ってこなかったら……
     実乃梨ちゃんは……」
 
 実乃梨「そんなことない」
 
 実乃梨「大河は戻ってくる……
      絶対に私たちの前に戻ってきてくれるよ……高須君の為にも」
 
 亜美「ふーん……それが実乃梨ちゃんの答えなのね」
 
 亜美「実乃梨ちゃん……私はさ」
 
 キーンコーン カーンコーン
 
 実乃梨「やっべ、チャイム鳴っちったよ!あーみん、先行ってるぜ!」
 
 亜美「……そんなこと考えたくもないし聞きたくもないって感じか」


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 03:56:45.55 ID:H8LoKSLS0

 ?放課後?
 
 トントン
 
 亜美「失礼しまーす、恋ヶ窪先生いらっしゃいますか?」
 
 独身「はーい、私はここにいますよー」
 
 亜美「あ、ゆりちゃん先生!」
 
 独身「どうしたんですか、川嶋さん?」
 
 亜美「ちょっとお話があって来たんですけど……いいですか?」
 
 独身「もちろんです、川嶋さんからの相談なんて珍しいから
     先生張り切っちゃいますよ!」
 
 亜美「実は……」


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 04:35:41.93 ID:H8LoKSLS0

 ?春?
 
 竜児「えっと、高須高須……あった」
 
 北村「よっ、高須!今年も一緒のクラスだな」
 
 竜児「おう北村、何だかんだ3年間一緒のクラスだな。
     今年もよろしくな」
 
 北村「とりあえず教室に行こうか」
 
 竜児「おう」


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 04:47:19.11 ID:H8LoKSLS0

 北村「他のクラスの名簿は見たのか?」
 
 竜児「いや、俺は自分の名前しか探してなかったよ」
 
 北村「能登と春田、櫛枝に木原に香椎は同じクラスだったぞ」
 
 竜児「え?じゃあ、川嶋だけが一人別のクラスになっちまったのか?
     かわいそうだな、あいつも……」
 
 北村「なんだ高須、聞いてなかったのか?亜美は……」
 
 ガラガラ
 
 竜児「あ……」
 
 亜美「おはよう!高須君、祐作!」
 
 竜児「か、川嶋……?な、なんで……?」
 
 北村「亜美、高須に言ってなかったのか?
     お前が理系の国立選抜クラスに入れたことを」
 
 亜美「祐作、そんなこと言うわけないじゃん……
     サプライズよ、高須君驚かせてやろうと思って!」
 
 亜美「ねえ驚いた、高須君?」
 
 竜児「お、おう……川嶋は文系だと思ってたし、
     それに成績もあまりよくないって聞いてたからな」
 
 亜美「なにそれ、ひっどーい……
     亜美ちゃん、やれば出来る子なんだから」
 
 亜美「まあ、何にせよ今年もよろしくね!」


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:00:50.56 ID:H8LoKSLS0

 春田「能登っち?、聞いた??」
 
 能登「……え?何が?」
 
 春田「亜美ちゃんが?、高っちゃんと北村大先生と同じ理系の国立選抜にいるんだって?」
 
 能登「えっ!?マジで!?」
 
 木原「あ、春田!能登もいる!
     ねえ、聞いた!?亜美ちゃん理系の国立選抜だって!」
 
 能登「!」
 
 春田「俺らも今その話してたんだよ?!いいなあ?、
     高っちゃんと北村……俺も理系の国立選抜にすればよかった?」
 
 香椎「春田君じゃちょっと無理じゃないかな」
 
 木原「うん、春田じゃ絶対無理!」
 
 春田「能登っち?!今聞いた?!?この二人酷いんだぜ?!」
 
 能登「……」
 
 春田「お?い、能登っち?!?」
 
 能登(よりによって木原と同じクラス……)
 
 実乃梨「……」


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:14:46.35 ID:H8LoKSLS0

 木原「あ、櫛枝!そうじゃん、櫛枝も同じクラスじゃん!」
 
 実乃梨「お、これはこれは麻耶さまに奈々子さまではないですか!」
 
 実乃梨「能登君と春田君も揃って、いやー去年の面々が多いですな!」
 
 春田「あ、ホントだ?!うお?!俺、今超いいこと思いついた!
     このメンツなら今年も文化祭で優勝出来るんじゃね!?」
 
 能登「いや、無理だろ……去年は亜美ちゃんとタイガーがいたんだぜ」
 
 木原「そうそう、それにインパクトだけなら高須君もスゴかったし!」
 
 実乃梨「……」
 
 春田「そっか?、そうだよな……
     やっぱ亜美ちゃんとタイガーあっての優勝か?」
 
 香椎「でも櫛枝のモノマネは良かったよ」
 
 実乃梨「ホントですか奈々子さま?いやー、照れるな……
     でも、今年こそはおば、お化け屋敷を……」
 
 独身「はーい、席着いてくださーい!ホームルームをはじめますよ」
 
 一同「ゆ、ゆりちゃん!?」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:23:04.67 ID:H8LoKSLS0

 ?放課後?
 
 北村「へえ、櫛枝たちのいる文系クラスの担任は恋ヶ窪先生なのか」
 
 竜児「随分と去年のクラスの連中が揃ってるんだな」
 
 実乃梨「そうなんだよー、いや今年も楽しそうなクラスになりそうだよ!」
 
 北村「よし、じゃあ俺と櫛枝は部活に行くよ」
 
 竜児「おう、そうかじゃあまた明日な」
 
 実乃梨「高須君、またね!」
 
 竜児「おう、じゃあな櫛枝」
 
 竜児「……さて、俺はかのうやに寄って帰ろうかな」
 
 亜美「あれ?まだ残ってたんだ、高須君」


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:27:14.74 ID:H8LoKSLS0

 竜児「おう、なんだ川嶋か」
 
 亜美「なんだって何よ、酷くない?」
 
 竜児「そういうつもりで言ったわけじゃねえよ」
 
 亜美「はいはい、わかってるって……今帰り?」
 
 竜児「おう、これからかのうやに寄って帰ろうと思ってたんだ」
 
 亜美「そうなんだ……なら、一緒に帰ろうよ」
 
 竜児「おう、いいぞ」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:39:43.40 ID:H8LoKSLS0

 てくてく てくてく
 
 竜児「でも、まさかまたお前と同じクラスになるとは思わなかったよ」
 
 亜美「亜美ちゃんとまた同じクラスになれて嬉しい?」
 
 竜児「また振り回されるのかと思うと今から頭が痛いよ」
 
 亜美「高須君って贅沢、普通の男子なら
     亜美ちゃんと二度も同じクラスになれたら発狂ものだよ?」
 
 竜児「ああ、春田とか能登ならそうだったろうな……
     北村はどうなんだろうな」
 
 亜美「祐作はどうも思ってないわよ、
     私のこといつから知ってると思ってるの?」
 
 竜児「そうだったな……あ、また飯食いに来いよ」
 
 亜美「え……?」
 
 竜児「川嶋、前に食べに来たとき言ってたろ?
     その割には全然来ねえしよ」
 
 竜児「最近どうもご飯が余るんだよ」
 
 亜美「……うん、じゃあ行く」
 
 亜美(あの時のこと……覚えててくれたんだ)


155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 05:45:49.34 ID:H8LoKSLS0

 亜美「あ……かのうや着いたね」
 
 竜児「おう、そうだな」
 
 亜美「じゃあ、私この先だから……また明日ね、高須君」
 
 竜児「おう、また明日」
 
 亜美「近々ご飯食べ行くからね」
 
 竜児「おう、いつでも来い」
 
 亜美「じゃあね、高須君!」
 
 竜児「じゃあな」
 
 竜児「……」
 
 竜児「……大河、何やってるんだろう」


174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 11:58:55.16 ID:Ea0Fe0Pq0

 ?放課後?
 
 実乃梨「・・・最近の高須くんとあーみん」
 
 実乃梨「仲いいよね・・・」
 
 実乃梨「大河・・・早く戻ってきてよ・・・」
 
 北村「どうした櫛枝、ぼーっとして」
 
 実乃梨「・・・ううん、なんでもないよ!」
 
 北村「・・・そうか、じゃあ部活いくぞ」
 
 実乃梨「うん!」


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 18:50:53.96 ID:H8LoKSLS0

 ?数週間後?
 
 竜児「え?勉強会?」
 
 亜美「うん、ゴールデンウィーク明けてすぐに試験があるでしょ?」
 
 亜美「私ゴールデンウィーク中は仕事詰めちゃったからさ、
     その前にやっときたくて」
 
 竜児「ああ……でも勉強教わるなら
     北村の方がいいと思うぞ?」
 
 亜美「祐作は部活に生徒会に忙しいでしょ?
     だから、暇そうな高須君に頼んだの」
 
 竜児「暇そうで悪かったな」
 
 亜美「で、やってくれる?」
 
 竜児「おう、いいぞ」
 
 亜美「やったー!これから一週間は高須君の夕飯付きだね」
 
 竜児「……俺の家でやるのかよ」
 
 亜美「毎日外食したいんならファミレスでもいいけど?」
 
 竜児「川嶋の家っていう選択肢はないんだな?」
 
 亜美「へえー、高須君そんなに亜美ちゃんの部屋に入りたいんだ?」
 
 竜児「……はあ、わかったよ」


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 18:59:45.37 ID:H8LoKSLS0

 ?放課後?
 
 竜児「先にかのうや寄ってから家行くぞ、今日は豚肉の特売日だからな」
 
 亜美「高須君ってホント主婦みたいだよねー」
 
 竜児「うるせえ」
 
 亜美「その豚肉で今日は何を作るつもりなの?」
 
 竜児「キャベツがあったはずだからトンカツにするつもりだ」
 
 亜美「えー、亜美ちゃん撮影前なんですけど」
 
 竜児「……なら、冷しゃぶだ」
 
 亜美「賛成ー!」
 
 てくてく てくてく
 
 実乃梨「あ……」


192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 19:12:40.59 ID:H8LoKSLS0

 ?高須家?
 
 竜児「ただいま」
 
 亜美「お邪魔しまーす」
 
 泰子「あれえ?亜美ちゃんだ?!久しぶりだねえ?!」
 
 亜美「お久しぶりですう?、泰子さん!」
 
 竜児「泰子、今週は勉強教えるがてら毎晩川嶋も夕飯食べてくから」
 
 泰子「そうなのお??二人とも偉いねえ?!」
 
 泰子「それに?、大河ちゃんが来てた時みたいに
     3人でご飯食べれるなんてやっちゃん嬉しい?!」
 
 亜美「私も泰子さんと一緒にご飯食べれてすごい嬉しいですう?!」
 
 泰子「亜美ちゃ?ん、泰子さんなんてよそよそしいよお?!
     やっちゃんって呼んでえ?」
 
 亜美「え、いいんですかあ??
     じゃあ、これからはやっちゃんって呼びますね!」
 
 泰子「うん?!」


193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 19:20:49.86 ID:H8LoKSLS0

 竜児「……ほら、そろそろ勉強始めるぞ」
 
 泰子「え?!竜ちゃん厳しい?!やっちゃん亜美ちゃんとお話したい?!」
 
 竜児「あのな……川嶋は勉強しに来てるんだぞ」
 
 竜児「それにこれから一週間は毎日来るんだから、飯の時に話せるだろ」
 
 泰子「う?ん……わかったあ?、やっちゃんガマンする?」
 
 亜美「ゴメンなさい、高須君厳しいですよね?」
 
 竜児「……勉強を教わりたいって行って来たのは誰だよ?ほら、やるぞ」
 
 亜美「はーい」
 
 泰子「二人とも、ファイト?!」


194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 19:34:14.40 ID:H8LoKSLS0

 ?夕飯後?
 
 泰子「じゃあ、行ってくるねえ?!亜美ちゃん、あんま遅くなっちゃ駄目だよお?!」
 
 亜美「は?い!」
 
 竜児「……はあ」
 
 亜美「どうしたの?溜息なんてついちゃって?」
 
 竜児「いや……川嶋一度モードに入ったら本当に崩れないなって思ってよ」
 
 亜美「モードってな?に??亜美ちゃんわかんなーい」
 
 竜児「……はあ、続きやるぞ」
 
 亜美「はーい」


200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 20:33:30.40 ID:H8LoKSLS0

 亜美「ねえ高須君、ここわからない」
 
 竜児「これは……ここをこうしてこうするんだよ」
 
 亜美「あー、なるほど」
 
 亜美「ねえ高須君、ここわからない」
 
 竜児「これは……これがここにかかってるんだよ」
 
 亜美「あー、そういうことなんだ」
 
 亜美「ねえ高須君、ここわからない」
 
 竜児「……おい、川嶋」
 
 亜美「なに、高須君?」
 
 竜児「さっきから聞いてばっかだけど少しは考えてるのか?」
 
 亜美「考えてるわよ、でも全然わかんないんだもん」
 
 竜児「……ちょっとノート見せてみろ」
 
 亜美「ノート?別にいいじゃん、それよりここを……」
 
 竜児「ノート見せてみろって」
 
 亜美「……はいはい、わかったわよ」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 20:42:00.26 ID:H8LoKSLS0

 竜児「……Oh……」
 
 亜美「あんまジロジロ見ないでよ……恥ずかしいじゃない」
 
 竜児「ジロジロって何も書いてねえじゃねえかよ!」
 
 亜美「何もって、少しは書いてあるでしょ!」
 
 竜児「少しってホントに少しじゃねえかよ!
     これじゃ何も書いてないと一緒だ!」
 
 竜児「しかも、余白も多いしページ飛ばしたりしてるしよ……
     もったいない」
 
 亜美「高須君いちいち細かいのよ……
     ってか、そういう高須君のノートはどうなの?」
 
 竜児「俺のノートか……ほら」
 
 亜美「大体黒板に書いてあることなんて
     教科書に書いてあることと一緒だし、写したって……」
 
 ペラペラ
 
 亜美「……」
 
 ペラペラ
 
 亜美「……なにこれ……すごい」


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 20:56:45.15 ID:H8LoKSLS0

 亜美「高須君……このノートわかりやすい!しかも、すっごいキレイだし!」
 
 竜児「ほら、見たことか」
 
 亜美「奈々子のノートもキレイでわかりやすかったけど、
     高須君のもっとすごいよ!」
 
 竜児「おう、もっと褒めろ」
 
 亜美「ってか高須君、ホントこういうチマチマした作業好きだよねー」
 
 竜児「……一言多いんだよ」
 
 亜美「高須君、亜美ちゃんにこのノートちょうだい」
 
 竜児「嫌だ」
 
 亜美「えー、亜美ちゃんこのノートもらったら
     すごく勉強出来そうな気がするのに」
 
 竜児「ククク、そうだろ?……
     川嶋、ノートはあげないがお前に高須式ノート整理術を教えてやる!」
 
 竜児「門外不出のこの整理術を覚えたら、
     たちまちお前もノートを取るのが楽しくなるぞ!」
 
 亜美「……笑い方キモっ!ってか、コピーでいいから取らせてよ!」
 
 竜児「コピーじゃ駄目だ、コピーだとそれだけで勉強をした気になるからな」
 
 竜児「よし、今日はこの高須式ノート整理術をみっちり教えてやる……
     川嶋、覚悟しとけよ!」
 
 亜美「……完全に目がイッちゃってるんですけど」


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 21:10:34.77 ID:H8LoKSLS0

 ?数時間後?
 
 竜児「あ……もうこんな時間か。川嶋、今日はもう遅いし帰るぞ」
 
 亜美「待って!もうちょっとで今やってるところまとめ終わるから!」
 
 竜児「お……どうやらお前も
     すっかりノートを取る楽しみに目覚めたみたいだな」
 
 亜美「うん!なんか今までただ適当にノート書いてたのが
     バカみたいに思えてきた!」
 
 竜児「ククク、そうだろ?……これが整理することの楽しみなんだよ」
 
 竜児「明日の授業からこの高須式ノート整理術を使ってみろ?
     授業が180度違う風に見えてくるぞ」
 
 亜美「終わったー!はあー、疲れたー!
     でも、なんか初めて勉強やってて楽しいと思えた!」
 
 竜児「おう、そうか!そう言ってもらえると俺も嬉しいよ」
 
 亜美「え!?ってか、もうこんな時間なの!?
     ……早く帰って寝ないと肌に悪いっつーの」
 
 竜児「ほら、送るから行くぞ」
 
 亜美「うん、ありがとう高須君」
 
 バタンッ


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 21:25:17.98 ID:H8LoKSLS0

 タッタッタ タッタッタ
 
 実乃梨「はっ……はっ……はっ……」
 
 実乃梨「はっ……はっ……はっ……」
 
 実乃梨「はっ……はっ……あ……」
 
 実乃梨「高須君に……あーみん」
 
 てくてく てくてく
 
 亜美「あ……ここまででいいよ」
 
 竜児「おう、そうか」
 
 亜美「ありがとうね高須君、明日もよろしくね」
 
 竜児「明日からは高須式ノート整理術でしっかりノート取るんだぞ」
 
 亜美「わかってるって……じゃあ、また明日ね」
 
 竜児「おう、また明日な」


210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 21:46:39.69 ID:H8LoKSLS0

 てくてく てくてく
 
 竜児「あ……そういえば牛乳切れそうだったな」
 
 竜児「コンビニに寄って買って帰るか……
     いや、明日かのうやで買った方が安いな」
 
 実乃梨「討ち入りじゃー!」
 
 竜児「おうっ!?……く、櫛枝?」
 
 実乃梨「簡単に背後を取られるとは……まだまだじゃな、高須君」
 
 竜児「……いつの時代だよ、それ」
 
 竜児「ってか何してるんだ、こんな時間に?
     櫛枝の方こそ、こんな時間に出歩いてたら危ないだろう」
 
 実乃梨「たーまに間の悪さもー大事なーんだね
      "ランニング"、だよ!」
 
 竜児「……懐かしいな、それ」
 
 実乃梨「へへっ……もうすぐ大会だからさ、最近走りこんでるんだ」
 
 竜児「ああ、大会ってソフトのか……頑張ってるんだな」
 
 実乃梨「高校最後の大会だからね……
      悔いを残さない為にもやれることは全部やっとかないと」


212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:04:52.08 ID:H8LoKSLS0

 実乃梨「ところで高須君、ちょっといいかな?」
 
 竜児「おう、なんだ?」
 
 実乃梨「さっきあーみんといる所を
      フライデーしちゃったんだけど何かあったのかな?」
 
 竜児「ああ……さっきまで家で勉強会をしてたんだ、
     川嶋が勉強を教えてくれって言うからよ」
 
 実乃梨「もう勉強会ですか、いやーやっぱ国立選抜クラスは違うねー!」
 
 竜児「いや、そういうわけじゃねえって……
     ほら、テスト始まるのってゴールデンウィーク明けだろ?」
 
 竜児「川嶋ゴールデンウィーク中は仕事詰めたって言っててよ、
     今のうちから始めたいんだってさ」
 
 実乃梨「へえ、そうなんだ……」
 
 亜美『実乃梨ちゃん……私はさ』
 
 実乃梨「……」


216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:14:36.14 ID:H8LoKSLS0

 実乃梨「あーみん売れっ子だからね、ホント頑張ってんだな……」
 
 竜児「櫛枝だって大会に向けて頑張ってるじゃねえか」
 
 実乃梨「違うよ!私はただ……」
 
 竜児「……櫛枝?」
 
 実乃梨「……ううん、なんでもない!」
 
 実乃梨「じゃあ、私はそろそろ行くよ!
      高須君、夜道はくれぐれも気をつけるんだぜ!」
 
 竜児「お、おう……お前も気をつけろよ、櫛枝」
 
 実乃梨「うん、じゃあね!」
 
 てくてく てくてく
 
 実乃梨「……」
 
 実乃梨「……あの時あーみんが言おうとしてたことは……
      こういうことだったのかな」


217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:22:48.19 ID:H8LoKSLS0

 ?一週間後?
 
 亜美「……どう、高須君?」
 
 竜児「……」
 
 亜美「……ねえ、高須君?」
 
 竜児「……すごいぞ、川嶋!全問正解だ!」
 
 亜美「え……ホント?」
 
 竜児「おう!見てみろよ、これ!」
 
 亜美「……ホントだ、私全部当たってる!」
 
 竜児「よく頑張ったな、川嶋!
     これでとりあえず次のテストは問題なさそうだな!」
 
 亜美「ううん、これも高須君のおかげだよ……ホントにありがとう」
 
 竜児「何言ってんだよ、
     頑張ったのはお前だろ?さて、そろそろ夕飯にするか」
 
 亜美「うん!」


218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:29:16.19 ID:H8LoKSLS0

 亜美「ごちそうさまでした」
 
 竜児「お粗末さまでした、ほらお茶入れたぞ」
 
 亜美「あ、ありがとう……ふう、温かい」
 
 竜児「どうする?一通り終わったし、今日はもう帰るか?」
 
 亜美「うーん……もう少しやってこうかな」
 
 竜児「そうか、よしじゃあもうちょっとやるか」
 
 亜美(タイガーはこうやって
     ほぼ一年も高須君と過ごしてきたんだよね……)
 
 亜美「……やっぱ羨ましいな」
 
 竜児「うん?何か言ったか?」
 
 亜美「ううん、何でもなーい……さて、続きやろっか」
 
 竜児「おう、そうだな」


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:39:54.40 ID:H8LoKSLS0

 亜美「ねえ高須君、ここってこのやり方で合ってる?」
 
 竜児「……」
 
 亜美「……高須君?」
 
 竜児「……すー……すー」
 
 亜美「あ、寝ちゃってる……そういえば高須君の寝顔見るの初めてだ、
     目開いてないから寝顔カワイイじゃん」
 
 亜美「おーい、高須君起きてー」
 
 竜児「……すー……すー」
 
 亜美「竜児、起きなさいよこのバカ犬!」
 
 竜児「……すー……すー」
 
 亜美「あっれー、今のかなり似てると思ったんだけどなー……
     高須君、起きないとキスしちゃうぞー」
 
 竜児「……すー……すー」
 
 亜美「……また顔真っ赤にするのかな」
 
 亜美「……」
 
 竜児「……大……河……」
 
 亜美「!」


226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/05(日) 22:54:02.29 ID:H8LoKSLS0

 竜児「んっ……あ、悪い川嶋寝ちまってた」
 
 亜美「……」
 
 竜児「川嶋……?」
 
 亜美「あ……おはよう高須君、
     ってかなに亜美ちゃん放って置いて寝てるのよ?」
 
 竜児「……本当にすまん」
 
 亜美「うーそ、ここ一週間ずっと私の相手してたから
     結構疲れてたんでしょ?今日はもう終わりにしよっか」
 
 竜児「え……」
 
 亜美「一週間ありがとうね、おかげでテストはバッチリっぽいよ」
 
 亜美「今日はまだ早いし一人で帰るよ、高須君はゆっくり休みな」
 
 竜児「あ、ああ……」
 
 亜美「じゃあ高須君、またゴールデンウィーク明けにね!」
 
 竜児「お、おう……またな」


246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 03:11:17.22 ID:q1doAuUG0

 てくてく てくてく
 
 亜美(結局そうなんだよ……)
 
 亜美(私と高須君は横並びの平行線のまんま……)
 
 亜美(近づくことも、離れることもないけど……
     交わることも決してない)
 
 亜美「……はあ、なーにやってんだか」
 
 亜美「……穴埋め程度になろうとは思ってたんだけどな、
     穴が大きすぎるっつーの」
 
 亜美「……いや、穴埋め以上になろうとしてたのか」
 
 亜美「……あれ?私……泣いてるの?」
 
 亜美「あーあ……バカみたい……
     自分で自爆しにいったようなもんなのにさ」
 
 亜美「そういえば前に実乃梨ちゃんが言ってたっけ……」
 
 亜美「廊下で転ぶと鼻血が出て、
     人生で転ぶと涙が出るって……ホント、その通りだな」
 
 竜児「川嶋っ!」
 
 亜美「……高須君?」


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 03:22:13.56 ID:q1doAuUG0

 竜児「はあ……はあ……やっと追いついた」
 
 亜美「高須君……何で?」
 
 亜美(ヤバい……涙止めないと)
 
 竜児「ほら……これ、忘れてったぞ」
 
 亜美「携帯……?なんだ……そんなの明日でいいのにな」
 
 竜児「よくねえよ!」
 
 亜美「え……?」
 
 竜児「お前……なんか帰る時様子おかしかったしよ……
     なんかあったんじゃねえかって心配してよ」
 
 亜美「高須君……」
 
 亜美(なによ……なんでこういう時だけ敏感なのよ)
 
 ぎゅっ
 
 竜児「か、川嶋……!?」
 
 亜美「ごめん……ちょっとだけこのままでいさせて」
 
 亜美(これじゃあさ……
     好きでいるのを諦められないじゃん)


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 03:33:08.47 ID:q1doAuUG0

 亜美「……ごめん、ありがとう」
 
 竜児「……おう」
 
 亜美「……はあー、なんかスッキリしたわ」
 
 竜児「……なにがあったかは聞かねえけどよ、
     俺に話せることだったらいつでも話してくれよ」
 
 亜美「……うん、そうするよ」
 
 亜美(話せるわけないじゃん……)
 
 竜児「……家まで送ってくか?」
 
 亜美「……ううん、今日は大丈夫」
 
 亜美(でも……)
 
 竜児「……そうか、じゃあ気をつけろよ」
 
 亜美「……うん、ありがとう」
 
 亜美(困らせるかもしれないし、
     間違ってるのかもしれないけど……)
 
 竜児「じゃあ……またな」
 
 亜美「うん……またゴールデンウィーク明けにね」
 
 亜美(この気持ちを……正直に伝えたい)


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 03:43:41.91 ID:q1doAuUG0

 ?夏?
 
 亜美「はあー、ホームルームも終わったし今日から夏休みかー」
 
 竜児「おう、でも今年の夏は休みって感じはしないんだろうな」
 
 亜美「受験勉強しなきゃいけないからね……
     あれ、そういえば高須君推薦とか受けないの?」
 
 竜児「一応受けるつもりだ……
     でも、落ちた時のことも考えてちゃんと勉強しとかないとな」
 
 亜美「そっか……私もちゃんと成績取っておけばよかったなー」
 
 竜児「そういえば、川嶋は予備校の夏期講習とか取ってないのか?」
 
 亜美「取ってるよー、祐作と同じところ」
 
 竜児「なんだ、そこなら俺も行くぞ」
 
 亜美「え?マジ?」
 
 竜児「ああ……俺は行くつもりはなかったんだけどな、
     泰子が行っとけってうるさくてよ……」
 
 竜児「で、北村に相談したらアイツが行ってるところが
     安くて分かりやすいって薦められてよ」
 
 亜美「へえ、そうだったんだ……じゃあ、夏も会いそうだね」
 
 亜美(祐作ナイス!)


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 04:01:32.99 ID:q1doAuUG0

 竜児「じゃあ、またな」
 
 亜美「うん、またね」
 
 亜美「あ、帰る前に駅前寄ってこうかな……」
 
 実乃梨「ヘイ、そこのお嬢ちゃん!ちょっと時間ある?
      お茶してかない?」
 
 亜美「……今時そんなナンパする奴いねえっつーの」
 
 実乃梨「ありゃ、こりゃ失敬!
      今風のナンパ術についてちょっくらリサーチ不足でして」
 
 亜美「実乃梨ちゃん久しぶりね、同じ学校だから結構会うと思ってたけど
     クラス離れると案外そうでもないのね」
 
 実乃梨「そうだね、いやーやっぱあーみん見ると目の保養になるよ!」
 
 亜美「……お前はおっさんかよ」
 
 実乃梨「で、マジな話あーみん時間あるかな?……
      ちょっと話してかない?」
 
 亜美「……いいよ、ここじゃあれだしスドバ行こうか」
 
 実乃梨「……うん」


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 04:22:19.78 ID:q1doAuUG0

 ?スドバ?
 
 亜美「……で、話ってなによ?」
 
 実乃梨「前にさ、あーみん言ってたじゃん?
      ……もし大河が戻って来なかったらって」
 
 亜美「ああ……うん」
 
 実乃梨「私さ、考えたんだけど……
      仮に大河が戻ってこなかったとしても私は何もしないよ」
 
 亜美「……どうして?」
 
 実乃梨「だって、私は後悔してないから……
      自分の選択に、私が選んだ道に後悔はしてないから」
 
 実乃梨「確かにそれを選んだことで辛い思いもした……
      涙も流した……」
 
 実乃梨「けど……私はそれを後悔しない……
      だって、それは私が決めたことだから」
 
 実乃梨「私はあの日高須君に誓ったんだ……
      私が決めたことを頑張る、貫き通すって」
 
 実乃梨「そして、それは高須君も信じてくれてる……だから!」
 
 実乃梨「だから、私は決してブレたりしない……
      それが私の答えだよ、あーみん」
 
 亜美「ふーん……それが実乃梨ちゃんの答えなんだ」
 
 亜美(ホント……強いよね、この子は)


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 04:34:48.64 ID:q1doAuUG0

 実乃梨「でもね……あーみん」
 
 亜美「?」
 
 実乃梨「私はあーみんがやろうとしてることに一切口出しはしないよ」
 
 亜美「……」
 
 実乃梨「私は自分の幸せと同じくらいに
      大河の幸せを願ってるよ……けどね」
 
 実乃梨「それと同じくらいにあーみんの幸せも願ってるんだよ」
 
 亜美「実乃梨ちゃん……」
 
 実乃梨「あーみんはさ……まだやりきってないんだよね?」
 
 実乃梨「今まで子供みたいな私たちを見届けてくれた
      あーみんが自分の為に動くっていうのなら……」
 
 実乃梨「それがあーみんが決めたことなのなら……
      あーみんはそれをやりきるべきだと思う」
 
 実乃梨「私はそれを見届けるよ……どういう結末になっても、
      それはもうしょうがないことだと私は思うから」


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 04:39:51.84 ID:q1doAuUG0

 亜美「……はあ、なによそれ」
 
 実乃梨「え?」
 
 亜美「これじゃあさ……実乃梨ちゃんにそこまで言われちゃったらさ……」
 
 亜美「……ホントにちゃんとした形で決着をつけなきゃいけないじゃない」
 
 実乃梨「あーみん……」
 
 亜美「実乃梨ちゃん……私も自分の選んだ道を進むよ、
     それでそれに絶対後悔しないようにする」
 
 実乃梨「へっへ、そっか……
      よし、あーみん手をグーにして出して!」
 
 亜美「え?なによ、いきなり……」
 
 実乃梨「いいから」
 
 亜美「……こう?」
 
 コツン
 
 実乃梨「これは私たちの友情の証だ、頑張れよあーみん」
 
 亜美「……頑張るよ、実乃梨ちゃん」


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 04:45:50.06 ID:q1doAuUG0

 亜美「そういえば実乃梨ちゃん、大学はどうするの?」
 
 実乃梨「うん、それがソフトの強い体育大の推薦が取れそうなんだよ」
 
 亜美「そう……よかったじゃない」
 
 実乃梨「あーみんはどうするの?」
 
 亜美「私は……行きたいところは大体決まってるから、
     あとは勉強するだけ」
 
 実乃梨「そっか……それは大忙しですな」
 
 亜美「じゃあ、私そろそろ行くね」
 
 実乃梨「うん、またこうして会える機会を楽しみにしてるよ!」
 
 亜美「同じ学校なんだからいつか会うでしょ?」
 
 実乃梨「えへへ、それもそっか!じゃあね、あーみん!」
 
 亜美「バイバイ、実乃梨ちゃん」
 
 亜美「……」
 
 亜美「……はあ、これでもう後には引けなくなっちゃったな」
 
 亜美「もう……こうなったら頑張るしかないよね」


276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 13:12:51.47 ID:q1doAuUG0

 ?数週間後・予備校?
 
 亜美「あ……」
 
 竜児「おう」
 
 北村「亜美、久しぶりだな」
 
 亜美「久しぶりね……高須君に祐作」
 
 北村「どうした亜美?なんかやつれてるぞ?」
 
 亜美「受験で休業する前の最後の撮影を
     サイパンでやってきて今朝帰ってきたのよ……
     眠いし頭痛いしもう最悪」
 
 竜児「おう……それはなんていうか大変だったな」
 
 亜美「大変なんて所の騒ぎじゃないわよ……
     モデル仲間の友達がビーチで遊んでる中、
     私は一人単語帳捲ってるのよ?」
 
 北村「ハッハッハ、偉いぞ亜美!それでこそ受験生の鑑だな!」
 
 亜美「祐作、うっさい……笑い声が頭に響くのよ」
 
 キーンコーン カーンコーン
 
 北村「お、もう休憩時間は終わりか……授業に行くか」


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 13:24:19.37 ID:q1doAuUG0

 キーンコーン カーンコーン
 
 亜美「やっと終わった……」
 
 竜児「だ、大丈夫か川嶋……?」
 
 亜美「うん……ちょっともう限界かも」
 
 北村「亜美、ここに超強力な滋養強壮剤があるか飲むか?」
 
 亜美「いらないわよ……家帰って寝る」
 
 北村「そうか、高須はこの後授業なかったよな?」
 
 竜児「おう、今日はもう帰るつもりだ……
     ここで残って勉強するよりは家でやる方が
     よっぽど集中出来るしな」
 
 北村「なら、亜美を送ってってくれないか?
     その調子じゃ一人でまともに帰れそうもないしな」
 
 竜児「いいぞ、川嶋行くぞ」
 
 亜美「え……あ、うん」
 
 亜美(祐作どうしたのよ……ちょっと最近気が利きすぎない?)


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 13:39:12.56 ID:q1doAuUG0

 てくてく てくてく
 
 亜美「高須君、ここ最近は何してたの?」
 
 竜児「え?特に何もしてないぞ……
     基本はいつも通り家事をやって、勉強をして……」
 
 竜児「夏期講習がある日は予備校に通う……そんな感じだな」
 
 亜美「へえ……やっぱ受験生の夏ってそんな感じよね……
     まあ、普通の受験生は家事はしないだろうけどさ」
 
 竜児「おう、そうだろうな」
 
 亜美「あ、そうだ……高須君、ちょっと家に寄ってかない?
     お土産買ってきたんだ」
 
 竜児「お土産?川嶋が、俺に?」
 
 亜美「なによ?亜美ちゃんからお土産もらえるのに何か不満なの?」
 
 竜児「いや……なんつーか意外だったからよ」
 
 竜児「けど、考えてみれば今年の冬にも
     大河にお土産買って来てたりしてるんだよな」
 
 亜美「ああー、あれはタイガーに頼まれたからね……
     ってか、そういえばタイガーから連……あ」
 
 亜美(ヤバっ……今まで意図的に触れてなかったのに……
     疲れのせいかこんな所でミスった)
 
 竜児「……来てねえよ、多分アイツも受験だったりなんだりで忙しいんだろうな」
 
 竜児「……でも、大河はきっとどっかで頑張ってんだと思う……
     だから、俺はその邪魔になるようなことは出来ねえよ」


280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 13:56:58.89 ID:q1doAuUG0

 亜美「……」
 
 亜美(ホント……寂しそうだけど、
     タイガーのことを話す時の顔が一番いい表情してるよね)
 
 亜美(私がどれだけ頑張っても……決して見せてくれない表情)
 
 亜美(私はそれが悔しくて……羨ましい)
 
 亜美(けど……)
 
 亜美(最後までやりきるって決めたから……!)
 
 竜児「おい、川嶋……?」
 
 亜美「え……あ、ゴメン!なに?」
 
 竜児「着いたぞ、お前の家」
 
 亜美「あ……そうだったねゴメン、あがって!」
 
 竜児「お、おう……」
 
 竜児(なんか変だな……川嶋の奴)


281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 14:09:07.57 ID:q1doAuUG0

 竜児「お邪魔します」
 
 亜美「ちょっと待っててね、帰ってきた時は力尽きてて
     キャリーバック伯父さんの家に置いてきたのよ」
 
 亜美「あ、クローゼットの中覗いたりしないでよ」
 
 竜児「……誰がするかよ」
 
 亜美「じゃあ、取ってくるね」
 
 亜美(そうだ……ちょっと高須君のこと驚かしてみようかな)
 
 バタンッ


283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 14:19:31.58 ID:q1doAuUG0

 竜児「はあ……」
 
 竜児「そういえば……川嶋の部屋に入るのは二度目なんだよな」
 
 ガチャ
 
 竜児「あの時は……」
 
 大河『駆け落ちしますけん!本気ですけん!』
 
 竜児「ククク……なんで方言だったんだろうな……」
 
 竜児「……なあ、どっかで頑張ってるんだよな……大河?」
 
 亜美「……」
 
 亜美(決めたんだ……私は自分の選んだ道を後悔しないって)
 
 亜美「お待たせ、高須君!」


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 14:30:26.07 ID:q1doAuUG0

 亜美「これ、泰子さんと食べてね」
 
 竜児「おう、ありがとうな」
 
 亜美「そ・れ・か・ら」
 
 ぷちっ ぷちっ
 
 竜児「え……?って、お、おう!?」
 
 竜児「な……なにやってんだよ、川嶋!?」
 
 亜美「どう?これ撮影の時に気に入って
     そのまま買い取った水着なんだけどさ、似合ってるかなー?」
 
 竜児「に、似合ってるって!だ、だからもう服着ろよ!」
 
 亜美「フフフ、去年も水着姿は見てるのに顔赤らめっちゃって……
     高須君カワイイー」
 
 ゴロンッ
 
 亜美「今年は海にも行けないだろうし、
     別荘にも行けないだろうからさ、しっかりと拝んでいけば?」
 
 竜児「ね、寝っ転がらなくていいから!ふ、服を着ろよ川嶋!」
 
 亜美「あ……なんか横になったら急に眠くなってきちゃった……
     そういえば……亜美ちゃん限界だった……んじゃん」
 
 竜児「おい、その前に服を着ろよ……なあ!」
 
 竜児「……川嶋?」


287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 14:53:11.80 ID:q1doAuUG0

 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「ホントに寝やがったのか、こいつ?……はあ」
 
 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「おい川嶋、起きろ……風邪引くぞ」
 
 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「……」
 
 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「とりあえず、脱いだシャツだけでもかけていってやるか」
 
 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「鍵がかかってないのは心配だけど、
     長居するのあれだしやむを得ないよな……」
 
 亜美「……すうー……すうー」
 
 竜児「じゃあ、またな川嶋……お土産ありがとうな」
 
 バタンッ
 
 亜美「……」
 
 亜美「……高須君のバカ」


288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 15:06:14.19 ID:q1doAuUG0

 ?翌日?
 
 北村「お、亜美!おはよう」
 
 竜児「おう、川嶋」
 
 亜美「……」
 
 すたすた すたすた
 
 北村「なんだ?亜美の奴、えらく不機嫌だな?
     高須、昨日亜美となんかあったのか?」
 
 竜児「いや、なんもねえけど……」
 
 北村「そうか……なら、こういう時は触れぬが仏だな」
 
 竜児「そうだな……」
 
 竜児(やっぱ昨日起きるまで待っとくべきだったのか……?)


289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 15:22:00.46 ID:q1doAuUG0

 キーンコーン カーンコーン
 
 亜美「……」
 
 竜児「おい、川嶋」
 
 亜美「なに?ついて来ないでよ、キモいんですけど」
 
 竜児「キモいって……あのな、
     お前が不機嫌そうだから声かけてるんだろ」
 
 亜美「は?亜美ちゃんのどこが不機嫌そうだって言うの?」
 
 竜児「思いっきり態度に表れてるじゃねえかよ……
     昨日勝手に帰ったことで怒ってるなら謝るからよ」
 
 亜美「は?なに勘違いしてんの?
     亜美ちゃん怒ってないって言ってんじゃん!大体さ……!」
 
 竜児「……なんだよ?」
 
 亜美「いい、何でもない……高須君、あっちでしょ?じゃあね」
 
 竜児「お、おい川嶋!……ったく、なんだよあれ」
 
 てくてく てくてく
 
 亜美(……あんな態度取ったってしょうがないのにね)
 
 亜美(大体、高須君があんなやり方で釣られるようなら
     こんな苦労してないっつーの)
 
 亜美(なんか……近づこうとすれば近づこうとするほど
     その距離の遠さを感じるな)


290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 15:34:58.68 ID:q1doAuUG0

 ?数日後?
 
 亜美「……」
 
 竜児「……おう」
 
 亜美「……なにしてんの、こんなところで?」
 
 竜児「かのうやの帰りだよ……お前は予備校の帰りか?」
 
 亜美「うん……」
 
 竜児「そうか……」
 
 亜美「……」
 
 竜児「……」
 
 亜美「ねえ」 竜児「なあ」
 
 竜児「……先、話せよ」
 
 亜美「……高須君から先に話して」
 
 竜児「……わかった」
 
 竜児「あのさ……今日飯食いに来ないか?」
 
 亜美「え……」


292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 15:50:27.05 ID:q1doAuUG0

 竜児「いや、今日よ……泰子の奴、
     お店の人と飯食ってから仕事行くって言ってたからよ」
 
 竜児「俺一人分だけ作るのもあれだし、
     よかったらなんだけどさ……って、何笑ってるんだよ?」
 
 亜美「フフ、ゴメン……いや、だってさ……
     私も今同じようなこと言おうとしてたから」
 
 亜美「やっぱ私たちって似たもの同士なんだなー、って思ったのよ」
 
 竜児「そうか……よし、じゃあ今から家行くぞ」
 
 亜美「……うん」
 
 亜美(ホントさ……たまにこういうところを見せられるからさ)
 
 亜美(私は高須君に惹かれ続けるんだろうな……)
 
 亜美(……ずるいよね、ホント)


298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 16:31:38.22 ID:q1doAuUG0

 ?高須家?
 
 亜美「ごちそうさまでした」
 
 竜児「お粗末さまでした」
 
 亜美「美味しかった……高須君ホント料理上手いよね、
     一家に一台欲しいよ」
 
 竜児「俺はロボットかよ」
 
 亜美「そういう意味じゃないって」
 
 竜児「なら、あれか……今度料理教えてやろうか?」
 
 亜美「亜美ちゃん料理はパス」
 
 竜児「出来て損はないと思うけどな」
 
 亜美(毎日作ってやるよ……とかは言ってくれないよね、やっぱ)
 
 亜美「まあ、いっか……」
 
 竜児「うん?何がだよ?」
 
 亜美「なんでもなーい」


300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 16:38:40.69 ID:q1doAuUG0

 亜美「じゃあそろそろ帰ろうかな、
     明日の予習もしなきゃいけないし」
 
 竜児「おう、そうだな」
 
 亜美「高須君、今日はありがとう……また食べに来るね」
 
 竜児「おう、いつでも来い」
 
 亜美「って言っても、
     次はお互いに受験が終わったあとになるのかな」
 
 竜児「だろうな」
 
 亜美「それじゃあ、またね」
 
 竜児「おう、またな」
 
 亜美「……」
 
 亜美「……帰ったら少し勉強頑張ろうっと」


301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 16:53:13.69 ID:q1doAuUG0

 ?秋?
 
 竜児「ただいま」
 
 泰子「竜ちゃ?ん、なんか竜ちゃんにお手紙来てるよお?!」
 
 竜児「……俺に?」
 
 竜児(まさか……大河から!?)
 
 竜児「泰子!どれだ!?」
 
 泰子「はい、これえ?!」
 
 竜児「……なんだ、大学からの合格通知書か」
 
 竜児「……」
 
 竜児「……おう!?う、受かったのか……俺?」
 
 泰子「受かったってなにがあ??」
 
 竜児「泰子……俺、大学に受かったみたいだ」
 
 泰子「え……や、やったあ?!竜ちゃんすご?い!」
 
 インコ「ご、ご、ごーかく」


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 16:54:38.55 ID:17rnAYEN0

 ここでインコちゃんw

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:03:12.86 ID:q1doAuUG0

 ?翌日?
 
 北村「高須聞いたぞ!?受かったらしいな!おめでとう!」
 
 竜児「え……ああ、誰から聞いたんだ?」
 
 北村「もちろん担任だ……だが水臭いな、
     お前の口から言ってくれれば良かったのに」
 
 竜児「ああ、悪いな……これからの時期、
     追い込みが必要なのに俺が浮かれてるようじゃ悪いと思ってよ」
 
 北村「そんなことないぞ!
     むしろ、俺はこれでモチベーションがあがったくらいだ!」
 
 竜児「そうか……まあ、とにかく
     冬期講習に金を払う必要はなくなったよ」
 
 北村「ハッハッハ!お前は相変わらず節約家だな!」
 
 竜児「北村、お前も頑張ってくれよ」
 
 北村「もちろんだとも!応援してくれよ、高須!」
 
 竜児「おう!」
 
 亜美「……」
 
 亜美(高須君……大学受かったんだ)
 
 亜美「……私も頑張らないと」


305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:13:43.80 ID:q1doAuUG0

 ?昼休み?
 
 能登「高須……聞いたぜ、受かったらしいな……」
 
 春田「はあ?……羨ましいなあ?、
     高っちゃん……俺も早く遊びてえよ」
 
 竜児「……誰から聞いたんだ?」
 
 能登「もちろんお前の親友、北村からだ……
     アイツまるで自分のことのように喜んでたぜ……」
 
 能登「北村はそういうの聞いてプレッシャーとか受けないのかな……
     まあ、アイツは場所選ばなきゃある程度のところは行けるしな……」
 
 竜児(能登の奴……相当病んでるな……)
 
 春田「そうだ?!高っちゃんの合格祝いにカラオケ行こうぜ?!」
 
 能登「俺パス……二人で行って来れば?」
 
 竜児「悪いが俺もパスだ……ってか、春田お前大丈夫なのか?」
 
 春田「え?なにが?」
 
 竜児「俺の口から言うのもあれだが……
     多分、お前が三年の中で一番危ないと思うぞ」
 
 春田「大丈夫だって?!だって俺、
     自分史上ありえないくらいに今勉強してるも?ん!
     どっかしら受かんべ?!」
 
 竜児「そ、そうか……」
 
 竜児(やっぱ春田が一番心配だな……)


307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:21:58.41 ID:q1doAuUG0

 ?放課後?
 
 竜児「あ……」
 
 亜美「よっ、今帰り?」
 
 竜児「おう川嶋……ああ、今から帰るところだ」
 
 亜美「そっか……じゃあ、途中まで一緒に帰らない?」
 
 竜児「おう、いいぞ」
 
 てくてく てくてく
 
 亜美「もう寒くなってきたね」
 
 竜児「ああ……そうだな」
 
 竜児(川嶋には合格したこと言った方がいいのかな……?)
 
 竜児「……あ、あのさ」
 
 亜美「受かったんでしょ、大学?」
 
 竜児「あ、おう……何で知ってるんだ?」
 
 亜美「そりゃ、教室の中で話してるんだもん……
     高須君いつもは睨んでる側なのに、今日はみんなに睨まれてたよ」
 
 竜児「そ、そうか……別に俺は目つきが悪いだけなんだが……
     やっぱ、ああいう話は控えるべきだったよな」


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:35:43.17 ID:q1doAuUG0

 亜美「まあ、なんにせよ合格おめでとう」
 
 竜児「おう……ありがとうな」
 
 亜美「文化祭も生徒会選挙も終わって、
     高須君みたいに大学に合格した人が増えてきて……」
 
 亜美「これからどんどん人減ってくんだろうね」
 
 竜児「そうだな……」
 
 亜美「私はさ、撮影とかで休むこともあったし、
     授業も受験対策が中心だから12月までは出続けるけどさ……」
 
 亜美「やっぱ少し不安なんだよね……
     このままで本当に第一志望に受かるんだろうか、とか思っちゃうわけ」
 
 竜児「……川嶋は大丈夫だよ」
 
 亜美「え?」
 
 竜児「だって、お前には高須式ノート整理術を伝授したからな」
 
 亜美「……フフ、なにそれ」


310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:41:38.50 ID:q1doAuUG0

 亜美「ねえ……タイガーにはメールしたの?」
 
 竜児「あ……」
 
 亜美「してないんでしょ、どうせ?」
 
 竜児「……」
 
 亜美「……いいんじゃない、これくらいは?」
 
 竜児「え……」
 
 亜美「タイガーから返事が来るかどうかはわからないよ?
     だって、今までこれだけ徹底してきたんだもん」
 
 亜美「けど、少なくとも自分の好きな人の朗報は……
     知ってて嫌な気持ちにならないよ、むしろ嬉しいと思う」
 
 亜美(だって……私もそうだから)
 
 竜児「そうか、ありがとう川嶋……大河にはメールをしてみるよ」
 
 亜美「返事が来なくても泣きつくんじゃないわよ?」
 
 竜児「泣きつかねえよ……お前も頑張ってくれよ、川嶋」
 
 亜美「うん、頑張るよ……じゃあ、私こっちだから」
 
 竜児「おう、また明日な」


312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/06(月) 17:49:37.50 ID:q1doAuUG0

 ?冬?
 
 スラスラ スラスラ
 
 亜美「……ふう、終わった」
 
 亜美「ヤダ、もうこんな時間……ってか、
     もうクリスマスになっちゃったじゃん」
 
 亜美「去年は……ああ、そういえば大変だったんだよね」
 
 亜美「高須君まだ起きてるかな?……メールしてみよう」
 
 ブー ブー
 
 竜児「あ、メール……川嶋からか」
 
 亜美『メリークリスマス♪ 
     今年は外で倒れたりしてないよね?』
 
 竜児「川嶋……アイツめ……!」
 
 竜児「けど……勉強で大変だろうし、手短に返しておくか」
 
 ブー ブー
 
 亜美「あ……返ってきた」
 
 竜児『メリークリスマス 俺は今去年出来なった分も大掃除を始めてるよ 
     風邪引かないようにうがい手洗いはしっかりとな』
 
 亜美「……フフ、うがい手洗いとか今関係ないじゃん……
     ってか、今から大掃除とか新年までまだ何日あんのよ」


366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 12:14:11.01 ID:G+vRZ/Ab0

 ブー ブー
 
 竜児「……川嶋からか」
 
 亜美『風邪には十分気をつけてるよ 
     元旦は亜美ちゃんの為に一万円くらい賽銭箱に突っ込んでね☆ おやすみ』
 
 竜児「合格祈願して来いってか……」
 
 ブー ブー
 
 亜美「あ、返ってきた……
     高須君って案外返信速いしまめなのよね」
 
 竜児『それでお前が受かるんだったら一万くらい突っ込んでやるよ』
 
 亜美「……フフ、ケチな高須君が
     一万円も賽銭箱に入れるわけないのにね」
 
 亜美「……さて、もう一頑張りしますか」


369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 12:26:42.26 ID:G+vRZ/Ab0

 ?元旦?
 
 チャリーン
 
 パンッ パンッ
 
 竜児「……よし、っと」
 
 北村「何を願ってたんだ、高須?」
 
 竜児「北村……」
 
 北村「よっ、あけましておめでとう」
 
 竜児「あけましておめでとう……
     でも、いいのか北村?この時期にほっつき歩いてて」
 
 北村「あれ?高須には言わなかったっか?」
 
 竜児「え……?」
 
 北村「俺、卒業と同時にアメリカに留学することになったんだ」
 
 竜児「は……」
 
 竜児「はあああああっ!?」


372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 12:39:31.85 ID:G+vRZ/Ab0

 北村「ハッハッハ!相変わらずいいリアクションだな、高須は」
 
 竜児「だ、だって!お前が大学に行かないなんて想像出来るかよ!」
 
 北村「いや、もちろんむこうの大学は受けるつもりだ」
 
 竜児「ってことはあれか……狩野先輩を追いかけるんだな」
 
 北村「ああ……やっぱり俺はあの人のことを諦めきれないみたいだ」
 
 竜児「そっか……頑張れよ、北村」
 
 北村「ああ、ありがとうな高須」
 
 竜児「そうだ北村、寒いし家でおしるこ食ってくか?」
 
 北村「おしるこか……いいな!でも、新年早々いいのか?」
 
 竜児「おう、どうせ泰子は寝てるだろうし家に一人でいても暇だからな」
 
 北村「なら、お邪魔させてもらうよ」


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 12:53:30.43 ID:G+vRZ/Ab0

 ?高須家?
 
 北村「はあ……いい味だ、それに温まるな……
     やっぱり正月は畳にコタツでおしるこだよな」
 
 北村「で、さっきは何を願ってたんだ?やっぱり逢坂のことか?」
 
 竜児「もちろん大河のこともあるけど、
     さっきは川嶋のことだったな」
 
 北村「亜美?なんで亜美なんだ?」
 
 竜児「合格祈願してきてって言われたんだよ」
 
 竜児「まあ、川嶋には色々と世話になってるからな……
     これで志望校に受かるんだったらお安い御用ってわけだ」
 
 北村「そうか……でも、高須のおかげで亜美は大分変わったよ……
     幼なじみとして、それには本当に感謝している」
 
 竜児「俺は何もしてねえよ、北村……
     アイツが、川嶋が変わろうとしたから変われたんだろう」
 
 北村「そうだな……さて、と」
 
 北村「あまり長居しても迷惑になるからな、そろそろ帰るとするよ」
 
 竜児「そうか、また新学期にな」
 
 北村「ああ、ではまたな高須!」
 
 竜児「じゃあな、北村!」

 

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 13:06:06.97 ID:G+vRZ/Ab0

 ?冬休み明け?
 
 竜児「やっぱこの時期って生徒減るよな……」
 
 北村「まあ、それはしょうがないことだと思うけどな」
 
 北村「受験を目前に控えてプレッシャーもかかってるだろうし
     ストレスも溜まってるだろうからな」
 
 竜児「学校に行ってるような状況じゃないってことか……」
 
 北村「さて、そろそろ帰るとするか。高須はどうする?」
 
 竜児「あ、俺職員室に用があるから先帰ってくれ」
 
 北村「そうか、じゃあまた明日な」
 
 竜児「おう、また明日な」


376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 13:18:01.97 ID:G+vRZ/Ab0

 竜児「失礼しました」
 
 てくてく てくてく
 
 竜児「かのうや寄って帰るとするか……」
 
 実乃梨「高須君!」
 
 竜児「あ、櫛枝」
 
 実乃梨「いやー、あけおめだねー!」
 
 竜児「おう、あけおめだな。櫛枝、その格好は部活か?」
 
 実乃梨「うん!身体作っといて春に備えないとね、
      もう三月には練習に参加することになってるんだよ!」
 
 竜児「へえ……お前はどんどん夢の実現に近づいてるな」
 
 実乃梨「約束したからね……この意地は死んでも貫き通すって」
 
 竜児「そうだな……頑張れよ、櫛枝」
 
 実乃梨「おうよ!じゃあ、私は
      マスタングスペシャルの練習をしなけりゃいけないからいくよ!」
 
 竜児「……お前はいつから競走馬になったんだよ」
 
 実乃梨「へっへ!じゃあね!」
 
 竜児「おう」


377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 13:34:47.63 ID:G+vRZ/Ab0

 ?数週間後?
 
 ピンポーン
 
 竜児「はーい」
 
 ガチャ
 
 亜美「久しぶり、高須君」
 
 竜児「川嶋……!おう、久しぶりじゃねえか。
     どうしたんだ、いきなり?」
 
 亜美「じゃーん、見てこれ」
 
 竜児「合格通知書……受かったのか、川嶋!
     ……しかもここ、俺と一緒の大学じゃねえかよ!」
 
 亜美「そう、高須君のこと驚かせようと思って……
     どう、びっくりした?」
 
 竜児「おう、すげえ驚いたぞ……
     だって、お前の第一志望は別の所って聞いてたからよ」
 
 亜美「フフ、そうでしょ?春からまたよろしくね……
     ねえ、亜美ちゃんの合格記念にご飯作ってよ」
 
 竜児「ああ、それはいいけどよ……急だったから何も準備してねえぞ?」
 
 亜美「大丈夫、今日は何でもいいからさ」
 
 竜児「わかった、じゃあ上がれよ」
 
 亜美「お邪魔しまーす」


381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 13:52:49.66 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「あれ?泰子さんは?」
 
 竜児「泰子、今日は出かけてるんだよ」
 
 竜児「なんか夜もそのまま仕事に行くから帰ってこないみたいだ」
 
 亜美「へえ……そうなんだ」
 
 竜児「えーっと……米がまあまあと、
     卵にネギに焼豚か……チャーハンでいいか?」
 
 亜美「うん、チャーハンでいいよ」
 
 竜児「わかった、ちょっと待ってろよ。その辺でくつろいでてくれ」

 
 亜美「はーい」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 14:01:41.39 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「ねえ高須君」
 
 竜児「なんだ?」
 
 亜美「もうすぐ卒業だね」
 
 竜児「ああ……そうだな」
 
 亜美「私と高須君が出会ったのはおととしの五月で、
      一年半くらいしか経ってないけどさ……」
 
 亜美「この高校生活はホントに楽しかったよ……
      色々とあったけどね」
 
 竜児「……なんだよ急に?」
 
 亜美「ううん、何でもない……卒業するんだなーって思ったらさ、
      急にしんみりしちゃった」
 
 竜児「まあ、しんみりしたくなるのもわかるけどよ……でもよ」
 
 竜児「俺と川嶋は少なくてもあと4年は同じ学校になるんだからさ、
      これからも仲良くしてこうぜ」
 
 亜美(仲良く……か)
 
 亜美「……うん」


385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 14:27:26.99 ID:G+vRZ/Ab0

 竜児「ほら、出来たぞチャーハン」
 
 亜美「いただきまーす……うん、美味しい」
 
 亜美「ねえ高須君」
 
 竜児「うん?」
 
 亜美「みんなでさ、家の別荘に卒業旅行に行こうよ」
 
 亜美「私と高須君と実乃梨ちゃんと祐作と……
      タイガーでさ、また一昨年の夏みたいに」
 
 竜児「ああ、いいなそれ……でも、行けるのかな」
 
 竜児「櫛枝は部活、北村は留学、
      大河は……大河はどうなるかわかんねえからな」
 
 亜美「大丈夫だって、なんとかなるよきっと」
 
 亜美「それで仮にその三人が駄目だったら、
      私と高須君の二人で行けばいいし」
 
 竜児「俺と川嶋の二人で行ったってしょうがねえだろう……
      まあ、提案してみるよ」
 
 亜美(……しょうがなくもないんだけどな)
 
 亜美「うん、よろしくね」


391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 14:42:22.08 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「ごちそうさまでした」
 
 竜児「ほら、デザートのアイスだ」
 
 亜美「あら、気が利くのね」
 
 竜児「今日は特別だぞ」
 
 亜美「うん、ありがとう」
 
 亜美「……次学校あるのいつだっけ?」
 
 竜児「卒業式の二日前じゃなかったか、確か」
 
 亜美「じゃあ、あと三日しか学校にも行かないんだ……そっか」
 
 竜児「さっきの話じゃないけどよ……確かに寂しくなるよな」
 
 亜美「……うん」


393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 14:52:31.66 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「じゃあ、今日は帰るね」
 
 竜児「おう、気をつけて帰れよ」
 
 亜美「うん、またね」
 
 竜児「またな」
 
 バタンッ
 
 てくてく てくてく
 
 亜美「はーあ……」
 
 亜美(卒業式、か……)
 
 亜美「あと四年も猶予あるんだけどな……」
 
 亜美(やっぱり……)
 
 亜美「やりきらなきゃ……駄目だよね」


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 15:09:27.29 ID:G+vRZ/Ab0

 ?卒業式?
 
 木原「亜美ちゃーん!」
 
 香椎「亜美ちゃん」
 
 亜美「麻耶、奈々子……!卒業おめでとう!」
 
 木原「亜美ちゃんもおめでとう!
      二年の時しか同じクラスになれなかったけど、
      亜美ちゃんと友達になれて良かったよ!」
 
 香椎「卒業してからも三人で遊んだりしようね」
 
 亜美「もちろんだよ!」
 
 香椎「そうだ、これから三人でスドバにでも行かない?」
 
 亜美「ゴメン……今日はちょっと無理なんだ」


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 15:22:47.41 ID:G+vRZ/Ab0

 木原「え?どうして?仕事?」
 
 亜美「ちょっとね……やり残したことがあるんだ」
 
 香椎「そっか、じゃあしょうがないね……
      じゃあ亜美ちゃん、また連絡するね」
 
 木原「え?奈々子どういうこと?」
 
 亜美「うん、またね二人とも!」
 
 木原「え?ちょっと待ってよ亜美ちゃーん!
      ねえ、どういうことなの奈々子?」
 
 香椎「ふふふ、どういうことだろうね?」
 
 てくてく てくてく
 
 亜美「……2?Cの教室で待ってます、
      っと……これでいいかな?……うん」


397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 15:33:26.07 ID:G+vRZ/Ab0

 能登「よっ、高須に北村!」
 
 春田「高っちゃ?ん、北村先生?、そつおめ?!」
 
 北村「春田に能登、卒業おめでとう」
 
 竜児「おう、おめでとう!春田……
      お前そういえば進路どうなったんだ?」
 
 春田「高っちゃん、北村……聞いて驚くなよ??
      なんと、俺美大に受かりましたあ?!」
 
 北村「そうか!良かったな、春田!」
 
 竜児「美大!?マ、マジかよ……
      良かったじゃねえかよ、春田」
 
 竜児「……ってか、さっきから何をキョロキョロしてるんだ能登は?」
 
 能登「えっ!?キョロキョロしてる?俺が?し、してないよ!全然!」


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 15:45:40.54 ID:G+vRZ/Ab0

 春田「高っちゃん、北村先生……
     実は能登っちは麻耶さまを探してるんだよ?!」
 
 能登「はっ!?な、なに言っちゃってんだよ春田!
     俺別に木原なんか探してねーし!」
 
 竜児「木原?」
 
 北村「そうか、つまりこういうことなんだな……
     能登は木原にホの字なんだな」
 
 春田「大当たり?!」
 
 能登「ちょ、な、何言っちゃってんだよ!だから、木原なんて……」
 
 北村「木原ならさっき向こうで見たぞ」
 
 能登「え?マジ……って、違うからね!マジそういうのじゃないから!」
 
 竜児「ハハハ……」
 
 竜児「……あ」
 
 竜児「悪い、ちょっと行ってくる!」
 
 能登「え?どこ行くの高須?ちょっと助けてよ!」
 
 春田「人の心配はいいからさ?、告っちゃえよ?能登っち!」
 
 北村「そうだ、いい機会だと思うぞ能登!男なら当たって砕けろ!」
 
 能登「砕けちゃダメじゃん!って、マジでそういうのじゃないから?!」


399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 15:59:06.87 ID:G+vRZ/Ab0

 ?2?C?
 
 亜美「はあ……緊張してきた」
 
 亜美「メイク崩れてたりしないかな……
     一応さっき確認したけど」
 
 亜美「うん……もう一度ちょっとトイレで確認して来ようかな」
 
 ガラガラッ
 
 亜美「はあ……」
 
 亜美(今日で終わるかもしれない……そう思うとすごく怖い)
 
 亜美(けど、今日から始まるのかもしれない……だから)
 
 亜美(だから、今日は最後までやりきらないと……伝えないと)
 
 てくてく てくてく
 
 「あ……」


400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:04:22.29 ID:G+vRZ/Ab0

 タッタッタ タッタッタ
 
 竜児「はあ……はあ……!」
 
 タッタッタ タッタッタ
 
 竜児「はあ……はあ……!」
 
 タッタッタ タッタッタ
 
 竜児「はあ……はあ……!」
 
 タッタッタ タッタッタ
 
 竜児「はあ……はあ……くっ!」
 
 ガラガラッ


402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:09:25.00 ID:G+vRZ/Ab0

 てくてく てくてく
 
 亜美「高須君……もう来てるかな」
 
 亜美「来てたら段取り変えないとな……」
 
 亜美「……あれ?」
 
 亜美「私……ドア開けっ放しにしてたっけ……?」
 
 亜美「閉めたような気がするけど……」
 
 亜美「……!」
 
 
 「あのさ……好きだ!」
 
 「はっ……!?う、ううう……」
 
 「うん?大……」
 
 「ふんっ!……な、なにこっ恥ずかしいこと
   真昼間から言ってるのよ!……そ、そういうのはね」
 
 
 亜美「あ……」


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:19:17.87 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「……」
 
 ぺたん
 
 亜美(なんで……なんでよ……)
 
 亜美(なんでこんなタイミングで戻ってくるのよ……)
 
 亜美(これじゃあさ……何も出来ないで終わりじゃん……)
 
 ぽたっ
 
 亜美「……!」
 
 亜美(ヤバい……涙出てきた……今泣いたらバレちゃう……)
 
 実乃梨「あ、あーみん……」
 
 亜美「実乃梨……ちゃん……?」
 
 実乃梨「!」
 
 実乃梨「あーみん……どうしたの……あ」
 
 実乃梨「そっか……戻ってきたんだね……大河」


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:24:07.34 ID:G+vRZ/Ab0

 亜美「実乃梨ちゃん……私、結局やりきれなかったよ……」
 
 亜美「やりきろうと思ってたのに……
     伝えようと思ってたのに……無理だったよ」
 
 実乃梨「あーみん……」
 
 実乃梨「あーみんはよく頑張ったよ……
      けど、こればっかりはしょうがないことなんだよ……」
 
 実乃梨「誰も何も悪くない……大河もあーみんも……
      もちろん高須君も、それぞれの幸せの為に動いた結果なんだよ」
 
 亜美「実乃梨ちゃん……」
 
 実乃梨「あーみん、手をグーにして出して」
 
 亜美「……こう?」
 
 コツン
 
 実乃梨「これで今日から私たちは失恋姉妹だ!な、あーみん?」
 
 亜美「実乃梨ちゃん……!」
 
 ゴシゴシッ
 
 亜美「うん、そうね……とりあえず今日はたっぷり私の愚痴を聞いてもらうから、
     覚悟しといてよ?」
 
 実乃梨「おう、任せとけ!私たちの戦いはまだ始まったばっかりだ!」
 
 おわり


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:35:05.14 ID:faVtJyjuO

 ある意味原作に一番忠実なエンド
 しかし一番納得のいかないエンド

428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/07(火) 16:45:06.48 ID:G+vRZ/Ab0

 お疲れ様です
 
 お前らが本物の亜美ちゃんスキーだってことがわかった
 けど、亜美ちゃんの魅力は容姿性格とパーフェクトなのに
 あの救われない所だと思うんだ
 
 亜美ちゃんが竜児と幸せになるには、
 それこそ大河がいない世界じゃなきゃ無理なんだと思ってる



このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...