a

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

11:44:13.29 ID:tsEeqnky0


『今回犯人逮捕に成功したのはドラゴンキッド!ドラゴンキッドだー!!』

ドラゴンキッド「ふぅ・・・一件落着だね」

ブルーローズ「ちょっとタイガー!危ないじゃない、

         いきなり飛び出してこないで!」

ワイルドタイガー「仕方ねーだろ、

           あそこで出なきゃ逃げられたかもしれねーだろ!」

ブルーローズ「いっつも猪突猛進で何も考えてないんだから!

          ちょっとは周りにも気を向けなさいよ!もう・・・」

ブルーローズ「・・・そんなんだから私の気持ちだって・・・」

ワイルドタイガー「ん、あんだって?」

ブルーローズ「・・・何でもない!もう、行くわよ」

ドラゴンキッド「・・・」

ドラゴンキッド(いいなぁ・・・)



3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

11:52:15.57 ID:tsEeqnky0


ホァン「はぁ・・・」

マネージャー「どうしたの?何かあった?」

ホァン「あ、何でもないです・・・」

マネージャー「ならいいんだけど・・・そうだ、今から何か食べに」

ホァン「あ、お腹空いてないんだ。今日はもう帰るね」

マネージャー「あら・・・じゃあ、お疲れ様」

ホァン「はい!」

ホァン「・・・」

ホァン(ブルーローズはタイガーと気軽に話せていいなぁ・・・)

ホァン(ボクも話とか振りたいけど・・・)

ホァン「う~・・・」




12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

11:57:28.47 ID:tsEeqnky0


次の日

ホァン「うーん、今日の気分はりんごジュースかなー」

ホァン「・・・」

ホァン(ブルーローズはスタイルいいよなぁ・・・)

ホァン「やっぱり牛乳にしよ・・・」

ホァン「あとはケチャップ切らしてたし、

     あ、ついでに麺も買っておこ・・・」

ホァン「ん?」

虎徹「ふ~んふ~んふ~ん」

ホァン(!!)

ホァン「あれは・・・」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:04:40.56 ID:tsEeqnky0


ホァン「虎徹おじさんじゃん、買い物してる・・・」

虎徹「なぁいいだろー?ちょおーっとまけてくれるくらい、な?な?」

店員「駄目です」

虎徹「そーんな固いこと言うなよー、

    頼むよ!お願いだ!このとーり!」

店員「駄目なものは駄目です」

虎徹「けちんぼ」

ボソッ

店員「何か言いましたか?」

虎徹「いんやなーんにも?」

ホァン「何やってんの・・・」




25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:15:39.67 ID:tsEeqnky0


ホァン「おじさんもオフなんだねー」

ホァン「・・・面白そうだしあとつけてみよ!」

ホァン「ふふっ」

ホァン「・・・あれ、おもちゃ屋さんに入ってった」

虎徹「この前のクマは失敗したなぁー、今度はしっかり選ばなきゃな」

ホァン「誰かにプレゼントかな、そういえば娘がいるんだっけ」

ホァン「・・・もしかしてボクへの・・・は、ないか・・・」

ドンッ!

ホァン「あっ!ごめんなさい」

カリーナ「あっ、ごめんね・・・って」

ホァン「あれ!?」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:23:05.47 ID:tsEeqnky0


ホァン「カリーナ!?どうしてここに?」

カリーナ「ホァンこそどうして!?」

ホァン「い、いやぁ折角のオフだし

     買い物の途中だったからちょっとおもちゃ屋に・・・」

カリーナ「わ、私もそうなのよー!あは、あははは・・・」

ホァン「・・・ボクはまだしもカリーナはちょっと無理があるよ・・・」

カリーナ「・・・よね・・・」

カリーナ「ちょ、ちょっと面白そうだからつけてただけよ、

       ほら、あんたもその気なら行くわよ」

ホァン「はーい」

カリーナ(おじさんがおもちゃ屋可愛いおじさんが

       おもちゃ屋可愛いおじさんがおもちゃ屋可愛い)

ホァン(・・・)



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:31:43.12 ID:tsEeqnky0


店員「お客様お客様、ちょっとちょっと」

虎徹「ん?」

店員「娘さんへのプレゼントですか?

    でしたらこちらの新商品のピザキャットなどどうでしょう!?」

虎徹「・・・なんだこの気持ち悪いネコ、いらねーいらねー。

    そういうのは一回痛い目見てんだ」

店員「・・・いいんですか?お客様、こちらのピザキャットは

    お父様大満足の特殊な機能がついてるんですよ?」

虎徹「なに?」

店員「なんとこのピザキャット、声の録音が可能となっております!!

    お父様のおめでとうの気持ちを言葉で込めてプレゼントにすれば!?」

虎徹「す、すれば!?」

店員「娘さんのハートはキャッチしたも同然!!」

虎徹「買った!!!」

店員「お買い上げありがとーございやーっす!!」

カリーナ「・・・趣味悪っ」

ホァン「あれはないかな・・・はは・・・」




34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:39:27.69 ID:tsEeqnky0


虎徹「さて、そろそろ帰るかなー」

少女「わたしのこおりはちょっぴりこーるど!」

少女「ぼくはドラゴンキッドだー!ごごー!」

子供「なーなー折り紙はいいとしてタイガーやくだれかやれよー!」

子供「えー、おれバーナビーがいい」

子供「じゃあおれキングオブヒーローやる!!」

少女「あんたタイガーやりなさいよー」

子供「ぜってーやだよ!あんなだせーヒーロー」

虎徹「・・・」

プルプル

ホァン「おじさんが震えながら泣いてる」

カリーナ「・・・あぁもう、見てらんないわね!」

スッ



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:47:08.19 ID:tsEeqnky0


カリーナ「ちょっと!」

虎徹「ぐす・・・っておわっ、カリーナ!?それにホァンも!」

カリーナ「あんた、仮にもヒーローでしょ!情けないと思わないの!」

虎徹「いやー・・・だってよぉ・・・」

カリーナ「だってもヘチマもない!

       悔しかったら実力で頑張りなさいよ」

虎徹「俺だってそうしてーけど」

ホァン「・・・」

ホァン(まただ・・・)

ホァン(おじさん、なんだかんだで楽しそう・・・)

ホァン「・・・あ、あn

ピー!ピー!ピー!

三人「「!!」



ホァン(・・・またチャンスのがしちゃったな)



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:56:41.45 ID:tsEeqnky0


アニエス「Hello、ヒーロー。非番の所悪いんだけどNEXTが

       ○○高速に立てこもっているわ、至急準備して」

カリーナ「はぁ・・・わかった、私は?」

アニエス「ブルーローズは○側から向かって頂戴」

アニエス「タイガーとドラゴンキッドは反対側で待機、

       バーナビーと合流でき次第現場に向かってもらうわ」

ホァン「!」

虎徹「まーた待機かよ・・・仕方ねぇ、行くぞホァン!」

ホァン「う、うん!」




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:03:29.25 ID:tsEeqnky0


虎徹「くそ、まだかよバーナビーと斎藤さん・・・」

ドラゴンキッド「・・・」

ドラゴンキッド「お、おじさん?」

虎徹「・・・ん、どうした」

ドラゴンキッド「あ・・・ううん、何でもない」

虎徹「そうか・・・ごめんな、ドラゴンキッドまで遅れちまって」

ドラゴンキッド「ううん」

ドラゴンキッド(ボクのばか・・・)

斎藤さん「おまたせー!!!!!!!!!!!!!」

バーナビー「遅くなってすみません、虎徹さん」

虎徹「お、来たな!行くぞ!」

ドラゴンキッド「う、うん」

ドラゴンキッド(今は仕事に集中しなきゃ・・・)

ドラゴンキッド(・・・)



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:19:23.21 ID:tsEeqnky0


犯人「ひゃっはー!!」

ワイルドタイガー「うわっ、なんで廃車だらけなんだ!?」

ファイヤーエンブレム「気を付けて、

            あいつ、超能力で物を操れるNEXTらしいわ!」

犯人「全員死んじまえー!!!」

ワイルドタイガー「うおっと、危なねーじゃねーか!」

ドラゴンキッド「ボクに任せて!」

『おーっと、ドラゴンキッド!飛んでくる車を華麗にかわして飛んでいるー!!』

ドラゴンキッド「たぁーっ!」

『決まったぁー!!ドラゴンキッドのきつーい一撃ィ!!』

ドラゴンキッド「なんだ、案外あっけないねー」

犯人「く、くそぉ・・・許さねぇ」

キイイィン

ワイルドタイガー「!?あいつっ!!」

犯人「お前も道連れだーっ!!」

ドラゴンキッド「あ、足場が崩れ・・・うわぁー!」

ワイルドタイガー「ドラゴンキッドー!!」




57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:26:32.85 ID:tsEeqnky0


ーーー

ワイルドタイガー「いっつぅ・・・」

ドラゴンキッド「ご、ごめんね・・・ボクのために」

ワイルドタイガー「あぁ、いいいい。お前が無事だったしな」

ドラゴンキッド「っ・・・///」

ドラゴンキッド「あ、ありがとう・・・」

ワイルドタイガー「・・・さて、かなり落ちたしどーすっかな」

ワイルドタイガー「あそこまで高いと能力使っても登れねーし」

ワイルドタイガー「おとなしく助けを待つか・・・」

ドラゴンキッド「・・・」

ドラゴンキッド「ねぇタイガー」

ワイルドタイガー「ん?」

ドラゴンキッド「ボクのこと、好き?」




59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:33:22.06 ID:tsEeqnky0


ワイルドタイガー「何言ってんだ、好きに決まってんだろ」

ドラゴンキッド「そうじゃなくて、その・・・

          女の子として、女として、好き?」

ワイルドタイガー「ぶほっ!」

ドラゴンキッド「タイガー?」

ワイルドタイガー「いや、すまん、

           いきなり変な事言われたからちょっと」

ドラゴンキッド「変じゃない!ボクだって女だ!」

ワイルドタイガー「お、女っつったってなぁ・・・」

ドラゴンキッド「・・・ボクが」

ドラゴンキッド「ボクがボーイッシュだから・・・?」

ウルッ



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:43:35.77 ID:tsEeqnky0


ワイルドタイガー「ぼ、ボーイッシュっつーか年の差っつーか・・・」

ドラゴンキッド「ボクだってもう立派な女だよ!その証拠にホラ!」

ペロン

ワイルドタイガー「ちょっ、やめろ!」

ドラゴンキッド「胸だって大きくなってきたんだ!ほら見てよタイガー!!」

ワイルドタイガー「そ、そんな子に育てた覚えはありません!

           いいから早くしまえ!」

ドラゴンキッド「・・・いいもん、実力行使でいくから」

ギュッ

ワイルドタイガー「ちょっ!」

ドラゴンキッド「スーツ越しでもわかる?

          今、ボク凄いドキドキしてるんだよ・・・?」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:50:52.26 ID:tsEeqnky0


ワイルドタイガー「おいドラゴンキッド!いい加減に・・・」

ドラゴンキッド「ふふー」

ワイルドタイガー「おい、マスク取るな!」

ドラゴンキッド「だってマスクが邪魔で」

ブルーローズ「助けに来たわよ、二人とも!」

ドラゴンキッド「キスできないじゃん」

ちゅっ

ブルーローズ「」

ワイルドタイガー「」




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:58:08.39 ID:tsEeqnky0


ブルーローズ「・・・」

ワイルドタイガー「ちょ、ブルーローズ!?違う!

           俺じゃない!ドラゴンキッドが」

ブルーローズ「あんたじゃなかったら・・・」

ブルーローズ「誰だって言うのよー!!!」

ワイルドタイガー「」

カチンコチン

ブルーローズ「最っ低!!信じらんないっ!!!」

ドラゴンキッド「キス・・・しちゃった・・・これで」

ブルーローズ「!?」

ドラゴンキッド「これでタイガーの子供が出来るんだね!」

ブルーローズ「えっ」

END



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

13:58:44.41 ID:tsEeqnky0


思ったより話が広がりませんでした

キッドちゃんちゅちゅ



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:50:39.77 ID:vhtO9gJf0


すばらしい!そしてすばらしい!



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木)

12:54:45.76 ID:Fy0zhn0bO


>>42

スカイハイ乙




このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...