a

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:35:50.34 ID:B63+0da20


アナゴ「そうなんだよ~、フグ田くん。今まで黙ってて、悪かったね~」

マスオ「いや~、会社の同僚が勇者だっただなんて、僕も鼻高々だよ~」

アナゴ「はっはっはっ、そう言ってくれると嬉しいね~。」

マスオ「それで、もう竜王を倒しにいくのかい?」

アナゴ「それなんだけどね~、フグ田くん、ひとつ、頼み事があるんだが」

マスオ「なんだい?僕に出来る事なら、力になるよ~」

アナゴ「実はね~、フグ田くんの一家にも、僕と一緒に旅に出てほしいんだ~」

マスオ「ええっ!僕たちにかい!?」




2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:37:25.28 ID:B63+0da20


アナゴ「頼むよ~フグ田くん。ほら、この通り!」

マスオ「まいったな~、分かった、お義父さんに話してみるよ~」

アナゴ「さすがフグ田くん!じゃあ、明日の朝9時に、君の家まで迎えにいくよ」

マスオ「ええっ!明日なのかい!?しょうがないな~、お手柔らかに頼むよ~」

アナゴ「ガッテン承知!助かったよ~」




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:40:02.00 ID:B63+0da20


マスオ「・・・というわけ何ですよ、お義父さん」

波平「ほう、アナゴくんが勇者だったのか!それはすごいなあ」

サザエ「勇者がこんな身近にいたなんて、驚きだわ!」

カツオ「すごいや、マスオ兄さんの同僚が勇者だなんて!」

ワカメ「すご~い!私、勇者のサインがほしいな~」

タラヲ「ボクもほし」フネ「でも勇者って、竜王を倒さないといけないんだろう?大変だねえ」

マスオ「それなんですけどね~お義母さん

     実は僕たち家族にも一緒に来てほしいって言われてるんですよ~」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:41:52.19 ID:t6pxilRw0


異常な脳内再生率www



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:42:59.87 ID:kn+H++No0


タラヲ被られててワロタwwww



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:44:08.87 ID:B63+0da20


波平「なに!?ワシたちにもだと!?」

マスオ「え、ええ。ほら、一人じゃ大変だっていわれてますし~」

サザエ「いいじゃない!私たちも付いていきましょうよ!」

カツオ「さんせ~い!行こうよ僕たちも!面白そうじゃない!いいでしょ、父さん!」

ワカメ「私も行ってみた~い」

タラヲ「僕も行」 波平「しょうがないな。かあさん。たまにはパーッといってみるか」

フネ「はいはい、それじゃあ支度しましょうかね」

カツオ「やった~!」




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:48:29.50 ID:B63+0da20


翌日・・・・・

アナゴ「お待たせ~、フグ田くん。皆さんも、急にすいませんね~」

波平「な~に、勇者と一緒なんて機会は滅多にないからな。気にすることはない」

マスオ「それで、まずは何処を目指すんだい?」

アナゴ「マイラだよ~。あそこには上質の温泉があるらしいからね~」

サザエ「まあ素敵!温泉なんて久しぶりだわ!」

タラヲ「ママ~温泉って何で」カツオ「ひゃっほ~!勇者と一緒に温泉なんて、

 夢みたいだよ!」

波平「カツオ!目的は温泉じゃなく、竜王退治なんだからな。履き違えおってからに」

フネ「まあまあ、お父さん。久しぶりの温泉ですもの。楽しんでいきましょうかねえ」




13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:52:51.80 ID:B63+0da20


『スライムがあらわれた!』

ワカメ「あっ!スライムだ!」

波平「おお、スライムじゃないか。懐かしいなあ」

フネ「まあ、何十年ぶりかしらねえ」

波平「昔はかあさんとよくスライム狩りをしたものだ」

サザエ「まあ、その話、詳しくききたいわ~」

カツオ「僕も!ねえねえ、どれくらい狩ったの?」

タラヲ「僕も知り」アナゴ「お~い、話が弾んでいるところ申し訳ないが、

 倒しちゃってもいいのかな?」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 14:57:20.22 ID:B63+0da20


マスオ「ああ、頼むよ」

カツオ「ああっ、ちょっと待ってよ~。せっかくだから僕に狩らせてよ~!」

ワカメ「お兄ちゃんばっかりずる~い!私も狩りたいのに!」

マスオ「まあまあ、ここはカツオくんに頼もうかな。

     ワカメちゃんは次の機会にお願いするよ」

ワカメ「んもう!しょうがないなあ」

カツオ「やりぃ!さすがマスオ兄さん、話が分かるなあ」

フネ「早くしなさい、カツオ」

カツオ「うん、ザラキ~」

『スライムの息の根をとめた!スライムを倒した!』



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:00:54.15 ID:B63+0da20


ワカメ「あっ、お兄ちゃん、またズルしてる!」

カツオ「人聞きが悪い事いうなよ~。ワカメだって同じようなもんじゃないか」

ワカメ「私はマヒャドでちゃんとダメージを与えてから倒すんだから。

     お兄ちゃんと一緒にしないで」

波平「全く。しょうがないやつだな」

マスオ「まあまあお義父さん。倒した事には変わりないのですから、

     多めに見てやってくれませんか」

サザエ「まったく。アナタはカツオに甘いわねえ」




19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:05:12.62 ID:B63+0da20


花沢「イササカせんせ~い!」

イササカ「おう、花沢さんじゃないか。どうしたんだい?」

花沢「こんにちは、イササカ先生。磯野くん、どこいったか知りませんか?」

イササカ「ああ、磯野さんたちなら、今朝竜王討伐に出かけたよ」

花沢「ええっ!竜王討伐ですか~!私全然聞いてなかったんだけど」

イササカ「ははは、急な事だったみたいだからねえ。

      話す余裕も無かったんじゃないかな」

花沢「磯野くんったら、水臭いわね!

    こうなりゃ先回りしてとことん説教してやるわ!」




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:10:11.80 ID:B63+0da20


花沢「たしか、海の向かうに見えるのが竜王の城ね」

花沢「これくらいの距離なら、バタフライで行けそうね」

花沢「女は度胸!やってやるわ!」 ザバーン バシャ!バシャ!

キラーリカント「ああ~、いい天気だな~。海も綺麗だな~」

キラーリカント「うん?あの水しぶきは何だ?」

キラーリカント「・・・げええええっ!人間がものすごい勢いで泳いできてる!」




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:16:00.00 ID:B63+0da20


花沢「・・・ゲホッ!さ、さすがにきつかったわね・・・

    やっぱりクロールにするべきだったかしら」

キラーリカント「お、おい、人間・・・」

花沢「あ、メラゾーマっと」

キラーリカント「ぬわー」

『キラーリカントをたおした!』

花沢「う~ん、まだ磯野くん達はきていないようね」

花沢「あらいけない!私ったら、武器持ってくるの忘れちゃった」

花沢「しょうがない、このお城の中で探そうかしら」




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:27:26.50 ID:B63+0da20


花沢「そいやっ!イオナズンよっ!」

『大魔道をたおした!』

花沢「もう、武器探してるだけなのに、何でこう次々と襲ってくるのかしら」

花沢「・・・あっ!やったわ!宝箱発見!」

『花沢は宝箱を開けた!ロトの剣を手に入れた』

花沢「やった!武器を見つけたわ!早速装備よ!」

『花沢はロトの剣を装備できない!』

花沢「え?なんでよ!なんで私が装備できないのよ!説明しなさいよ!」

『やっぱり装備できたようだ』

花沢「よしっ!あとは磯野くんを待つだけね!」




27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:32:02.47 ID:B63+0da20


花沢「・・・洞窟をうろついていたら明るい場所に出てきたわ」

竜王「よく来た人間よ」

花沢「えい」

竜王「うわー」

『竜王をたおした!』

デッデッデッデッデッデッデッデッ



『竜王は正体を現した!』

花沢「それ」

竜王「ぎゃあああ」

『竜王をたおした!』



『竜王が もっていた 光の玉から かざすとまばゆいばかりの光が

 あたりにあふれだす 世界に平和が戻ったのだ!』



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:36:00.32 ID:vEn8sCZJ0


おわたwww



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/25(月) 15:37:04.37 ID:B63+0da20


アナゴ「・・・あれ~、フグ田くん、ここって、毒の沼地じゃなかったかな~?」

マスオ「あれぇ?確かにここは、毒の沼地だったけど。きれいなお花畑になってるねえ」

サザエ「もう、細かい事はいいじゃないの!ほら、もうすぐマイラ温泉よ」

カツオ「ふう・・・歩き疲れて、もうクタクタだよ」

波平「わ、ワシも疲れたわい・・・

    早く温泉に入って、ゆっくりくつろごうじゃないか」

タラヲ「あ、マイラが見え」ワカメ「みんな!マイラ温泉が見えたわよ!」

カツオ「ホントかワカメ!よし、先に行ってるね、みんな!」

波平「まったく。急に元気になりおってから」

一同「ははははははははは」

おしまい




このエントリーをはてなブックマークに追加
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...