a

1:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/20(火) 23:51:41.09 ID:mEW7CyFG0


特捜部、虚偽記載を認める



東京地検特捜部の検事が、小沢氏の元秘書の捜査報告書について、

事実と異なるやりとりを記載したことを認めた。



東京地裁の証人尋問で、田代政弘検事(44)は、

強制起訴の根拠になったとされる小沢氏の元秘書、

石川智裕衆院議員の捜査報告書について

事実と異なるやりとりを記載したことを認めた。

田代検事の報告書には、石川氏の発言として以下のような記載があった。



「検事から、有権者から選ばれた国会議員なのに、

 ヤクザの手下が親分をかばうようだと言われたことが効いた」



しかし、石川氏が隠し録りしていたICレコーダーには、

そうしたやりとりが全く記録されていなかった。



田代検事は

「報告書をまとめる際に記憶が混同した。(意図的な)虚偽ではない」

と釈明している。



検察審査会が、

小沢氏を「起訴相当」と判断する際に材料とした報告書の信頼性が損なわれる状況となり、

公判の行方に大きな影響を及ぼしそうだ。



http://blogos.com/news/rikuzankai/?g=life



5:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/20(火) 23:52:29.02 ID:MXsVlQHJ0


さすが俺たちの小沢閣下



続きを読む